サインツ6位「ようやく僕らに相応しい結果を残せた」マクラーレン【F1第6戦決勝】

 2020年F1スペインGP決勝で、マクラーレンのカルロス・サインツJr.は6位、ランド・ノリスは10位だった。

■マクラーレンF1チーム
カルロス・サインツJr. 決勝=6位
 僕とチームにとって、とても良い一日だった。過去4戦ではいろいろと問題があったが、ようやく良い結果を残せた。正直に言って、僕らに相応しい結果だったと思う。

 レーシングポイント勢とすごくいい戦いをして、ピットストップ後にレッドブルの1台からポジションを守れたことが好成績につながった。残念なのは、レースの終わり近くにマックス(・フェルスタッペン)にラップされ、そこで2秒ほど失ったことだ。チェコ(セルジオ・ペレス)がタイムペナルティを受けていたから、あれがなければ彼の前でフィニッシュできたと思う。

 いずれにしても、今日もメカニックたちがいい仕事をしてくれて、合計4回のピットストップはすべて3秒以下だった。そのおかげで、2台がポイント圏内に入ることができたんだ。この週末、チームとして自信を築くことができたし、僕のシーズンの転機になればいいと思っている。

ランド・ノリス 決勝=10位
 タフなレースだった。ペースは速かったのに、まあスペインではいつものことながら、オーバーテイクが極端に難しかった。普通にオーバーテイクができるコーナーはひとつだけで、前のクルマが最終コーナーをうまく立ち上がり、しかも何台か連なっていたりすると、自分の方が明らかに速くても追い越しはほぼ不可能なんだ。

 クルマのフィーリングは良かっただけに残念だよ。特に終盤にかけては、とてもいい感じの動きをするようになっていた。それをもう少し有効に生かせれば良かったんだけど、今日は10位が望みうる最善の結果だったと思う。だから、ポイント圏内でフィニッシュできて満足だよ。