「EKシビックにワゴンってあったっけ?」タイプRのパワートレインを移植した珍チューンド、現る

「EKシビックにワゴンってあったっけ?」タイプRのパワートレインを移植した珍チューンド、現る

初代オルティアにタイプRの遺伝子を注入

DC2のエンジンとミッションをスワップした快速ワゴン!

思わず「EKシビックにワゴンなんてあったっけ?」と悩んでしまうが、この車両は初代オルティアをベースに広島県の“レッグモータースポーツ”が、EK9シビックのフロントフェイスをスワップしたチューンドだ。

しかし、真に注目すべきはエンジン。「レジャーも満喫できて、サーキットでも楽しめる」をコンセプトに、DC2のB18Cを換装しているのだ。ベースのオルティアはB18Bを搭載する5MT車のEL1だが、エンジンスペックは140psとスポーツ走行にはパワー不足。そこで、200psを発生するB18Cへのスワップを敢行したのである。

同じB型エンジンの換装であること、オルティアがEKシビックのプラットフォームを使っていることもあって、パワートレインは無加工で換装が可能。

しかし、EL1はオートエアコンなのに対し、DC2はマニュアルエアコンと制御が異なるため、ハーネスの加工が必要になるなど苦労した点もあったという。エアコンコンデンサーはDC2純正を流用することで、フルサイズのラジエターでもエアコンの使用を可能としている。

エンジン本体はノーマルのまま、スプーンのEXマニやタナベのマフラーで排気系チューンを実施。さらに、ラジエターはARCのフルサイズに交換される。

ECUはDC2純正を導入してB18Cをコントロール。基本的に燃調や点火時期のリセッティングは行われていないが、サーキットでも実力をフル発揮させるため、スピードリミッターのみカットされている。

5速MT車をベースにしているが、B18Cとのマッチングを考えて、ミッションはクロスギヤ仕様のDC2純正5速へ変更。さらに、ノーマルでヘリカルLSDが組み込まれるのも、ミッション&デフ換装の大きなメリットだ。

足回りはボルトオン可能なEK9用のRG車高調でセットアップ。さらに、5穴化を図るためにナックルアームごとEK9のハブを移植。フロントブレーキはスプーンのツインブロックキャリパーで強化済みだ。

リヤはオルティアのトレーリングアームにEK9の5穴ハブを溶接して接合。裏側には、その加工の形跡が残っている。

室内にはロールケージも装備されておらずハードな印象を受けないが、ゴムモール類をめくってみるとリベット補強の痕跡が現れる。開口面積が大きなワゴンボディにハイパワーユニットを搭載するにあたり、開口部を中心にボディ補強を実施しているのだ。

コクピットではホーンボタンをNSXタイプR純正に交換し、スピードメーターもスプーンの240km/hスケールに変更し、スポーティな雰囲気を演出。

シフトノブはDC2純正のチタン製をチョイス。随所にホンダのスポーツモデル用アイテムを装備しているのだ。

タイプRと比べても引けを取らない動力性能を実現したオルティア“タイプR”仕様。車体から溢れ出るオーラは、もはや完全にスポーツマシンのそれだ。

●取材協力:レッグモータースポーツ 広島県安芸区船越南3-18-13 TEL:082-823-5888

レッグモータースポーツ

http://www.leg-sport.com/