〈新型トヨタ・ハイラックス〉すでに発売中の欧州仕様で予習!! さらに男前になる予想のハイラックスマイチェンは間もなく!?

国内5年振りのマイナーチェンジ
迫力が増し、先進的なルックスに

TOYOTA/HILUX
トヨタ/ハイラックス

ハイラックス マイナーチェンジ 後期 GUN125 カスタム
ハイラックス・海外仕様

現行型の8代目ハイラックスがデビューしたのは2015年(日本市場投入は2017年)。そろそろマイナーチェンジか……と思ったところで、欧州トヨタがいち早くハイラックスのマイナーチェンジモデルを発表した。

エクステリアの大きな変更点は、「3次元グリル」と言われる面積を広く取った大きなフロントグリル。フロントバンパーもこのグリルを主役に据えたデザインとなっており、現在販売されているモデルと比べると押し出し感の強さが良く分かる。

パワートレインで言えば、最高出力とトルクが大きく向上した2.8リッターのディーゼルエンジンの追加がトピック。日本でも導入されるかは不明だが、選択肢が増えることに期待したい。

またショックアブソーバーやリーフスプリングも見直し、耐久性や走行性能を改善した。

そして最上級グレード「インビンシブル」が追加されたのも注目(写真)。バンパーやオーバーフェンダーなど多くのパーツが専用品となり、リアゲートには立体的なインビンシブルのロゴが描かれるなど、細部の質感を高めて洗練されたスタイリングに仕上げている。こちらも日本市場で発売されたら、注目を集めるに違いない。

ハイラックス・海外仕様

ヘッドライトはマイナー前にも導入されているLED仕様だが、インナーのデザインを大幅に変更。切れ味鋭いデザインと、先進的な光で魅了する。
センターに8インチのインフォテインメントディスプレイを装備。9スピーカーのJBLプレミアムサウンドシステムも用意するなど、至れり尽くせり。
テールランプの意匠も変更した。ヘッドライトと同じくLEDを採用して、ムラのない光によりファッション性もアップ。

ハイラックス・海外仕様

ハイラックス・国内仕様MC前

現行型のフロントマスクも十分ワイルドだが、マイナーチェンジ後はそれに押し出し感が備わった印象。カラーはオキサイドブロンズメタリックなど新たに3色が追加される。

国内は未設定!?電動ロールカバー

ハイラックス・海外仕様

ハイラックス・海外仕様

欧州モデルでは荷台のカバーをスムーズに開閉できる、電動アルミロールカバーを設定。これは欲しい!

気になる車両本体価格は? 現行モデルをおさらい!!

日本では今年の夏頃マイナーチェンジ後モデルが発売されると予想される。もし2.8リッターが導入されなければ、価格はここから数万円アップに留まるだろう。上質なインビンシブルの発売にも期待したいところだが……。

※写真は海外仕様のマイナーチェンジモデルです。国内仕様は一部デザインが異なる可能性があります。

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]