最新型ハイラックスサーフ!?  オフロード性能を強化したトヨタ「4ランナー」登場

■トヨタ「4ランナー」に2021年モデルが登場

トヨタ自動車の北米法人がSUV「4ランナー(Runner)」の2021年モデルを発表しました。

日本で4代に渡って販売された「ハイラックスサーフ」の北米向けモデルですが、2009年に発売された5代目からは海外専売車となり、「4ランナー」に一本化されて現在に至ります。

トヨタ「4ランナー」のエクステリア

同モデルには2.7L 2TR-FE(157hp)と4.0L 1GR-FE(270hp)の2種類のエンジンを搭載。現在も愛知県の田原工場から米国に向けて輸出されています。

このように日本から姿を消した後も海外で継続販売されているケースは他にもあります。以前にご紹介した「ハイランダー」もその一つで、同車は日本で「クルーガー」としてデビュー後、一世代限りで販売を終了しましたが、豪州ではその後も販売され続け、北米では「ハイランダー」として現存しています。

トヨタ「ハイランダー」のエクステリア

■「TRD Pro」の2021年モデル変更点は?

「4ランナー」にはオフロードに対応した「TRD Pro」グレードが存在しており、2021年モデルではLEDヘッドランプ/フォグランプの標準装備化や専用TRDアルミホイール、ショックアブソーバーを設定するなど、機能が強化されました。

トヨタ4ランナー「TRD Pro」のリアビュー

ワイルドなスポークデザインのTRDオフロードホイールは高強度化が図られており、ショックアブソーバーは乗り心地やステアリングレスポンスを損なうことなく、オフロードでのパフォーマンスを向上させるための調整機能が追加されています。

トヨタ4ランナー「TRD Pro」のサスペンション

また「4ランナー」の2021年モデルには、キャンプ、釣り、ハイキングなどを好むユーザー向けに 「SR5」グレードをベースとした「Trail Special Edition」が用意されており、2WD/4WDの選択が可能。ボディカラーはアーミーグリーン、セメント、ミッドナイトブラック、スーパーホワイトの中から選択できます。

トヨタ4ランナー「TRD Pro」のインテリア

2021年モデルの車両価格は、約390万円から約540万円の設定。

海外でこうしたアウトドア志向の「4ランナー」の人気が高いことを考えると、日本でもかつてのように「ハイラックスサーフ」を復活、TRDバージョンが用意されても不思議ではないかもしれません。

Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)