ジャガー・ランドローバー、抗菌・抗ウイルス対策の非接触式タッチスクリーンの開発に成功

利便性も向上する非接触式タッチスクリーン

ジャガー・ランドローバーとケンブリッジ大学は、ドライバーのわき見運転とポストコロナの世界における細菌やウイルスの拡散防止に役立つ新たな非接触式タッチスクリーン技術を発表した。

「Predictive Touch(予測タッチ)」と呼ばれる特許技術は、人工知能(AI)やセンサーを活用し、ユーザーが意図するタッチスクリーン上のターゲットを予測することでGPSナビゲーションや温度管理、エンターテインメントの設定を画面に触れることなく操作することができる。この画期的なシステムは、より安全で健康的な社会、よりクリーンな環境を目指しジャガー・ランドローバーが掲げるミッション「Destination Zero」の一環として、ケンブリッジ大学のエンジニアが開発したもの。ラボでのテストや路上での実証実験の結果、同システムは細菌やウイルスの拡散を抑制すると同時に、ドライバーがタッチスクリーンを操作する手間や時間を最大50%削減できることを証明している。

同社のヒューマンマシーン・インターフェイス・テクニカル・スペシャリストであるリー・スクリプチャップは次のように語る。

「世界各国でロックダウンが解除されるようになると、消費者が日常生活でタッチスクリーンを利用する場面が多いことに気付きます。駅や映画館でのチケット購入、ATM、空港でのチェックイン、スーパーマーケットでのセルフレジをはじめとする多くの産業・製造向けアプリケーションが存在します。Predictive Touchの採用によってスクリーンに直接触れる必要がなくなり、スクリーン表面の細菌やウイルスを拡散させるリスクを減らすことができます。同システムはドライバーにかかる認知的負担を軽減し、道路前方に集中する時間を増加させることで、クルマをより安全なものとする機会を提供します。これこそが当社が推進するDestination Zeroの重要な要素なのです」