ホンダF1田辺TDレース後会見:アルファタウリは着実に向上。3台入賞も「状況自体は、この4戦で何も変化はない」

 ここまでの4戦では最大のパワーサーキットである、シルバーストンで行われた第4戦イギリスGP。パワーにも勝るメルセデスに対しては苦戦が予想され、実際レースでは予選ほどの大きな差ではなかったものの、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)は先行する2台に追い付けない展開だった。しかし終盤、次々にタイヤバーストする波乱の展開のなか、2戦連続の2位表彰台を獲得した。

 レース後の田辺豊治テクニカルディレクターはその結果を素直に喜びながらも、「状況自体は、この4戦で何も変化はない」と、依然メルセデスとの差は縮まっていないという見解だった。

──────────

──今日のレース結果は、予想外でしたか。

田辺豊治テクニカルディレクター(以下、田辺TD):予選ではメルセデスの2台にフェルスタッペンが大きく離され、さらに他の3台はQ2落ちを喫しました。そういう厳しい結果でしたが、レースでは何とか4台すべてが入賞することを目指しました。

 ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)のリタイアは残念でしたが、残りの3台は全員が順位を上げてチェッカーを受けることができた。レースでのメルセデスとの差も依然として小さくなかったですが、それなりの速さでは走れていたと思います。

 最後の最後にメルセデス2台が、パンクチャーに見舞われました。それ以前からタイヤが限界に来ていたことは、彼らもわかっていたはずです。そこにフェルスタッペンがプレッシャーをかけ続けたことが、ああいう展開に繋がったのかなとも思っています。ただ絶対値としての差は、まだまだ大きいことは確かです。

ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)
2020年F1第4戦イギリスGP ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)

──終盤にフェルスタッペンが最速タイムを狙った周回は、(パワーユニットは)予選モードだったのでしょうか。

田辺TD:最後の1周は、そのレベルで走りました。

──シルバーストンは、レッドブル・ホンダにとってはさらに不利なコースという予想でした。それにもかかわらずレースで2位表彰台を獲得できたのは、マシンパッケージの進化を示すものと言えるのでしょうか。

田辺TD:予選、レースのタイム差を見ると、メルセデスに対して置いていかれているのは事実です。確かにレースでは、予選ほどのギャップはない。しかし状況自体は、この4戦で何も変化はないですね。

──3連戦で時間的な余裕はないと思いますが、次戦までに何か状況に変化を起こすことは可能でしょうか。

田辺TD:起こすべく、努力をして臨みたいと思います。ただライバルたちも当然同じ努力をしていますから、どうなるかは実際に走ってみないとわからないですね。そもそもF1の世界は、昨日の今日で力関係が激変することはありません。もちろん向上は目指しますが、難しいことだと思っています。

2020年F1第4戦イギリスGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が2位獲得
2020年F1第4戦イギリスGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が2位獲得

──シルバーストンはここまでの4戦では一番のパワーサーキットですが、ここを走って対メルセデスで見えてきたことはありますか。

田辺TD:何とも言えないですね。あくまでマシンパッケージとして評価するわけで、パワーユニット単体ではなかなか言えませんから。

──ただレッドブルリンクでは、「ストレートで失っている」というコメントがありましたが、今回その種のコメントはなかったと思います。

田辺TD:「じゃあうちのパワーユニットは、パワーがあるんですね」とは思いません。言いたいのは、そういうことです。

アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第4戦イギリスGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)

──最後にフェルスタッペンが最速ラップ狙いでピットインしていなければ、ほぼ間違いなく優勝していました。そうなった場合、田辺さんは素直に喜べましたか。

田辺TD:すべてがうまく噛み合って、予選やレースペースで明らかに負けているなかで、最高の結果が出ることはもちろん大きな意味のあることです。ひとつひとつ落とさずに取る。落ちてきたら、必ず拾う。それは大事なことだし、喜べることです。

 ただそれが自分たちの真の実力として喜べるかというと、それはまた別の話です。落ちてきたものを拾えるのは喜べるけど、落ちてくるのを待たなければならない状況は、まったく喜べません。

──アルファタウリ・ホンダについてですが、ガスリーが予選レースと結果を残しました。パッケージとして、着実に進化している印象でしょうか。

田辺TD:そうですね。予選後のドライバーコメントは非常に前向きでしたし、いい方向に向いてきている。今日のレースでもガスリーは、コンマ数秒単位で中団勢とずっとやり合っていた。クルマのバランスやまとまり方を見ても、良くなっているのは間違いありません。

ランス・ストロール(レーシングポイント)&ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
2020年F1第4戦イギリスGP ランス・ストロール(レーシングポイント)&ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)