レッドブル育成のローソンが2勝目。マシン分離の大クラッシュが発生【順位結果】FIA-F3第4戦イギリス レース1

 8月1日(土)、2020年第4戦イギリスのフィーチャーレース(決勝レース1)がシルバーストン・サーキットで開催され、レッドブルジュニアドライバーのリアム・ローソン(ハイテックGP)がシーズン2勝目を飾った。イゴール・フラガは15位だった。

 なお17周目、セーフティカー(SC)が解除されレースが再開した混走状態の中、最終コーナー手前でオリ・カルドウェル(トライデント)が接触によりスピン。コース上で横に向いてしまったカルドウェルのマシンの左リヤタイヤ付近に、後方から走ってきたマックス・フュートレル(ハイテックGP)が避けきれず自身の左フロントタイヤを接触。

 この衝撃でカルドウェルのマシンはエンジン後方を境に、真っ二つに分離してしまった。幸いにも出火はせずカルドウェル自身はすぐに自力でマシンを降り、歩いて離れていく様子が確認されている。

 SCが導入され、規定周回の20周をSCランで消化し、レースはローソンが制した。2位にはオスカー・ピアストリ(プレマ・レーシング)、3位にはローガン・サージェント(プレマ・レーシング)が入った。

 スプリントレース(決勝レース2)は日本時間2日(日)の16:45からスタートする。

■FIA-F3第4戦イギリス 決勝レース1 暫定リザルト

Pos. No. Driver Team Time/Gap
1 5 L.ローソン ハイテックGP 20Laps
2 1 O.ピアストリ プレマ・レーシング 1.060
3 3 L.サージェント プレマ・レーシング 2.698
4 15 J.ヒューズ HWAレースラボ 5.127
5 2 F.ベスティ プレマ・レーシング 9.087
6 29 A.ペローニ カンポス・レーシング 11.298
7 9 S.フェルナンデス ARTグランプリ 13.542
8 26 C.ノバラック カーリン 15.461
9 11 D.ベックマン トライデント 17.847
10 8 A.スモイヤー ARTグランプリ 21.230
11 17 R.フェルシュフォー MPモータースポーツ 24.424
12 7 T.プルシェー ARTグランプリ 30.609
13 10 L.ゼンデリ トライデント 34.001
14 20 C.ウィリアムズ イェンツァー・モータースポーツ 35.534
15 24 I.フラガ チャロウズ・レーシング・システム 36.587
16 6 D.ホーガー ハイテックGP 43.637
17 23 R.スタネ チャロウズ・レーシング・システム 45.157
18 14 E.フィッティパルディ HWAレースラボ 46.350
19 21 F.マルベスティティ イェンツァー・モータースポーツ 47.149
20 27 B.バーニコート カーリン 49.118
21 28 C.ダス カーリン 50.073
22 31 S.フローシュ カンポス・レーシング 51.724
23 30 A.デレッダ カンポス・レーシング 55.015
24 22 M.ナニーニ イェンツァー・モータースポーツ 1’03.739
25 25 D.シューマッハー チャロウズ・レーシング・システム 1Lap
12 O.カルドウェル トライデント 5Lap
4 M.フュートレル ハイテックGP 5Lap
19 L.ドゥナー MPモータースポーツ 5Lap
18 B.ビシュカル MPモータースポーツ 9Lap
16 J.ドゥーハン HWAレースラボ 9Lap