トヨタ、2021年から新たなワンメイクレースシリーズ『ヤリスカップ』の開催を発表

 7月31日、TOYOTA GAZOO Racingは2020年8月2日に開催される『TGR Netz Cup Vitz Race(ヴィッツレース)』北海道シリーズ第2戦が、2000年のシリーズ開始から通算400戦目になると公表。あわせて、2021年より新ワンメイクレースシリーズの『TGR Yaris Cup(ヤリスカップ)』を開催することを発表した。

 2000年に日本初のJAF公認ナンバー付き車両によるワンメイクレースとしてシリーズがスタートしたヴィッツレースは、2014年の富士スピードウェイ大会にて通算300戦を迎えている。それから約6年を経て、8月2日に十勝スピードウェイで開催される北海道シリーズ第2戦にて記念すべき400戦目を達成する。

 これまでの参加台数は延べ1万6000台を超えるレベルとなったヴィッツレースだが、今回、そのコンセプトを引き継いだ新たなワンメイクレースシリーズのヤリスカップが2021年より開始されることもあわせて発表された。

 トヨタ・ヴィッツの後継モデルである新型ヤリスをベースにしたナンバー付き車両で腕を競うヤリスカップは、来年6月頃にシーズンが開始される予定だ。

 ヤリスカップの今後のスケジュールとしては、2020年12月に暫定レーススケジュールとレギュレーションが発表され、2021年2月に年間登録の申請受付開始、そして4月に開幕戦の受付がスタートする。

 また、TOYOTA GAZOO Racingでは2021年以降も引き続きヴィッツに活躍の場を提供できるよう、全国の各サーキットと協力しながら、サーキット主催レースとしてヴィッツが参加できるレースを開催していくことを明らかにした。

 参加車両やレギュレーションなどは現在のヴィッツレースと同様のものとなり、来シーズンからの開催に向け現在準備が進められている。こちらの詳細については各サーキットから発表が行われるという。

 TOYOTA GAZOO Racingは通算400戦目を迎えたヴィッツレースに関して、「これもひとえにレースにご参加いただいたエントラントのみなさま、及び応援のためサーキットまで足を運んでいただいたファンのみなさまのご支援の賜物と心よりお礼申し上げます」とリリース内でコメント。

 そして、「ワンメイクレースの開催を通じて、『クルマを操る』『クルマで走りを楽しむ』といったクルマ本来の魅力を楽しんでいただく場を提供し続けるとともに、日本のモータースポーツ文化の醸成に向けた支援をさらに充実させて参ります。みなさまの積極的なご参加をお待ちしております」としている。

■ヤリスカップ概要

シーズン開始:2021年6月頃
今後のスケジュール
2020年12月:暫定レーススケジュール/暫定レギュレーション発表
2021年2月:年間登録(レーシングパスポート)申請受付開始
2021年4月:シリーズ開幕戦受付開始

■各サーキット主催のヴィッツが参加できるレース

各サーキット主催のレースとして、2021年シーズンからの開催に向け準備を進めています。参加車両・レースルール等のレギュレーションは、現在のヴィッツレース同様となる予定です。
《開催予定サーキット(順不同)》
・十勝スピードウェイ(北海道)
・スポーツランドSUGO(宮城県)
・ツインリンクもてぎ(栃木県)
・富士スピードウェイ(静岡県)
・鈴鹿サーキット(三重県)
・岡山国際サーキット(岡山県)
・オートポリス(大分県)

7月12日にツインリンクもてぎで開催されたヴィッツレース関東シリーズ第3戦の様子
7月12日にツインリンクもてぎで開催されたヴィッツレース関東シリーズ第3戦の様子