ベントレー フライングスパーに採用された世界初の立体的な「3Dウッドパネル」とは?

ベントレー フライングスパーに採用された世界初の立体的な「3Dウッドパネル」とは?

Bentley Flying Spur

ベントレー フライングスパー

木材の自然な美しさに立体的な触感を実現

ベントレーは、新型フライングスパーから、画期的な新しい「3D(3次元)ウッド・リヤドアトリム」を初めて導入した。3Dウッドは、自動車業界では世界初採用。印象的なダイヤモンドパターンを木材に直接機械加工し、立体的な表面仕上げを施した。

この新しいオプションは、現代的で贅沢なデザインを実現。木材の自然な美しさに立体的な触感をもたらすことになる。ベントレーのビスポーク部門であるマリナーが展開する「コレクションズ」の中でも、特にユニークなウッドパーツのひとつと言えるだろう。

リヤドアとクォーターパネルは、伝統的な技術と現代の技術が調和したもので、持続可能な木材(アメリカンウォールナットか、アメリカンチェリー)の1枚のブロックから手作業で作られている。

ベントレー フライングスパーに採用された3Dウッドインテリア

EXP10 スピード6で採用されたウッドコンセプト

3D加工されたウッドコンセプトは、2015年のジュネーブ・モーターショーで発表されたコンセプトカー「EXP10 スピード6」で初公開され、大反響を呼んだ。

そして、ダイヤモンドキルトのレザー形状からインスパイアされた特徴的な模様を「マリナー・ドライビング・スぺシフィケーション」のインテリアとして採用。マリナーが3Dウッドの複雑なコンセプトを内装として完成させるまでに、専門技術職人を動員しながら18ヵ月間もの開発期間を要したという。

3Dウッド・パーツは、一般的にフェイシアやウエストレールに使われているようなウッドではなく、一枚の木材から作られている。立体的な表面を実現するために熟練したオペレーターが多軸ルーティングマシンを使用し、人の髪の毛の太さよりも細い0.1mmの公差で木を彫り、ハンドメイドで仕上げていく。その後オープンラッカー(目ハジキ塗装)で仕上げ、木材が持つ本来の色と質感を引き出して洗練された自然な外観を実現する。

フライングスパーのインテリアデザイン責任者、ブレット・ボイデルは、3Dウッドについて以下のようにコメントした。

「3Dウッドは、コンセプトカーのアイデアが製品化された次世代のインテリアデザインです。フライングスパーのキャビン全体に施された立体的なレザーキルティングと完璧に調和し、ドライバーにとっても、さらに特別な環境を作り出します」

「幾何学的な3Dのダイヤモンド型をソリッドウッドに加工するという原理は、ジュネーブの段階で非常に好評を博しました。それもあって、新型フライングスパーのカスタマーに対しこのコンセプトを現実化することに価値があると確信したのです」

ベントレー フライングスパーに採用された3Dウッドインテリア

北米から調達される持続可能な最高品質の木材

今回、3Dウッドに採用されたアメリカンウォールナットとアメリカンチェリーは、どちらも北米の広葉樹林から持続可能な方法で調達されている。

ベントレーは、木の深さに節や樹脂の混入がない、非常に上質な木材を厳選。これらの丸太だけが魅力的な木目と滑らかな仕上げを提供し、自然な風合いと温かみのあるカラーがフライングスパーのキャビンを見事に引き立てることになる。

アメリカンウォールナットとアメリカンチェリーは北米で人気のある栽培品種であり、持続可能な木材の豊富な供給源となっている。アメリカンチェリーの森林は毎年700万立方メートル以上増加しており、同じくアメリカンウォールナットは300万立方メートル増加しているという。

アメリカンウォールナットは、世界中の市場で最も人気のある木材のひとつ。ヨーロピアンウォールナットよりも色が濃く、丈夫で硬く密度も確保している。アメリカンチェリーは家具や内装材として非常に重宝されており、木の仕上げはレッドからレッドブラウンまで様々な色合いを持っている。