Moto3クラスで3戦連続PPの鈴木竜生が掴んだ待望の勝利/MotoGP第3戦レビュー(2)

 2020年ロードレース世界選手権MotoGP、ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトを舞台とした第2戦スペインGP、第3戦アンダルシアGPの2連戦を終え、Moto3クラスでは、アンダルシアGPで鈴木竜生(SIC58スクアドラ・コルセ)が今シーズン初優勝を達成した。鈴木は開幕戦カタールGPから3戦連続でポールポジションを獲得。決勝でも常にトップ争いに加わっていたが、Moto3らしい大きな集団による接戦のレース展開の中で、あと一歩で勝てないレースが続いていた。

 予選でポールを獲得した鈴木は、「今回はマシンのセッティングを、ブレーキングの安定性を高めて混戦に強い方向に変えました。この方向性でアベレージは上がりましたが、一発のタイムは出にくくなります。Q2では最初のアタックがうまく決まらず、今回はポールポジションは難しいと思いました。そして、(ポールを)取れるとも思っていませんでした」

「しかし、2回目のアタックではいい感じで走ることができました。まさか3戦連続でPPを取れるとは思っていなかったし、自分でもびっくりしました。過去2戦、ポールを取れても表彰台に立てなかったので、今回は表彰台に立てるようにしたいです」と語っていた。

 決勝で鈴木は積極的にトップ集団を引っ張った。22周のレース中、コントロールライン上でトップを譲ったのは6周目の1回のみ。鈴木がレースをリードしたことで、前戦スペインGPの決勝よりもレースペースが上がり、終盤にはトップ集団は7人と比較的小さな集団にに絞られた。

 Moto3クラスの場合、最終ラップに無理なパッシングなどにより順位が入れ替わることも多いが、今レースではクリーンなレース展開でゴールを迎え、鈴木はトップをキープしたまま、グランプリ通算2勝目となる勝利を挙げた。

「スタートからゴールまで100%の走りでした。いつも、最終ラップまで大混戦の優勝争いになりますが、今日はかなり台数もしぼられて、全体的にクリーンなレースでした。すぐ後ろに(ガブリエル・)ロドリゴがいました。彼はいつもはアグレッシブなライダーですが、今日は競り合いの中でいい走りをしていました」

「先週のスペインGPは1分47秒台の戦いでしたが、今日は1分46秒台のレースとなり、ペースが速くなったこともトップ集団が小さくなった理由だと思います。開幕から3戦連続PPを獲得して3度目の正直。本当にうれしいです」とレース後に語った鈴木。

 2015年にMoto3クラスに参戦を開始してから6年目のシーズン、イタリアのSIC58スクアドラ・コルセに所属して4年目となる。今年は開幕戦カタールGPを終えてチームの拠点となるイタリアに戻った途端、新型コロナウイルス感染拡大によるイタリアのロックダウンにより、自粛生活を強いられた。

「外出禁止になって最初の2週間は、精神的に本当にきつかったですね。毎年この時期は、毎週どこかにレースに行っていたし、リッチョーネ(イタリアで拠点とする街でミサノサーキットの近く)の家にいることはほとんどありませんでした。今まで普通だと思っていた生活ができないのは、本当につらいことでした。イタリアという異国の地で、こういう経験ができたことは、僕にとってはいい経験。今後の人生の中でも、この経験は生きることになると思います」と、シーズン再開前に語っていた鈴木。

 3戦連続予選ポールポジション獲得で速さを証明。今シーズン初優勝で決勝での強さも証明した。3戦終了時点でトップと6ポイント差のランキング2位につける。目標とするタイトルは見えている。

2020年MotoGP第3戦アンダルシアGP Moto3クラス:鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)
2020年MotoGP第3戦アンダルシアGP Moto3クラス:鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)

2020年MotoGP第3戦アンダルシアGP Moto3クラス:鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)
2020年MotoGP第3戦アンダルシアGP Moto3クラス:鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)