フェラーリ、eスポーツの新シリーズを設立へ。総合優勝者はF1 eスポーツシリーズ参戦も

 フェラーリは2020年の後半に、新たなeスポーツ選手権『フェラーリ・ウブロ・eスポーツシリーズ』を一般に向けて設立することを発表した。優勝者は2021年にFDAウブロeスポーツチームに加入できるという。

『フェラーリ・ウブロ・eスポーツシリーズ』は、ヨーロッパの18歳以上の一般人向けに複数のレースで構成されている。Assetto Corsaのプラットフォーム上で運営され、シムレーサーたちは特別なフェラーリ488チャレンジevoをドライブすることになる。

 最初の予選ラウンドは9月に始まる予定で、フェラーリが招待したプロを含むドライバーたちは、様々なステージでふるいにかけられる。11月に開催される最終戦までに、アマ、プロ両方のカテゴリーから12人の最速ドライバーが選出される。総合優勝者は、FDAウブロ・Eスポーツチーム加入をオファーされ、エンツォ・ボニータと現F1 eスポーツ王者のデイビット・トニッツァのチームメイトとなる。

 また、フェラーリのF1ドライバーであるシャルル・ルクレールは、全体にわたって参加者たちへの支援と指導を行う。

「昨年F1 eスポーツ選手権での経験をスタートさせて、実際に優勝した。独自のスポーツチャンピオンシップへ進むのは自然なステップだと僕は思う」とトニッツァは語った。

 フェラーリのブランド多様化部門の責任者であるニコラ・ボアリは次のように述べている。

「フェラーリが独自のチャンピオンシップを育てるのに非常に大きなスペースがあると考えている」

「我々がヨーロッパから始めることはすでに言及したが、それは今年だけのことで、将来的には範囲を拡大する計画があることは確かだ」

「そしてもうひとつ非常に重要な点は、新型肺炎(新型コロナウイルス感染症)が終息したら、我々独自のトーナメント戦をライブパフォーマンスで開催できるようになるかもしれない」

「そうなれば、我々のチャンピオンシップは唯一無二のものになるだろう」

 シムレーサーやゲーマー向けに、ウェブサイト(www.ferrariesportsseries.gg)にはシリーズの詳細や申し込み方法などが掲載されている。