スーパーGT:第2戦富士もGT300予選Q1は組分けを実施。各組の一覧が発表

 スーパーGTをプロモートするGTアソシエイションは、8月8~9日に富士スピードウェイで開催される2020年シーズン第2戦『たかのこのホテル FUJI GT 300km RACE』において、GT300クラスの公式予選Q1を2組に分けて実施することを発表し、各組の一覧を公開した。

 スーパーGTではGT300クラス参加台数の増加を踏まえ、2018年からコース上の混雑が予想されるサーキットにおいて公式予選Q1出走車をA組とB組というふたつグループに振り分ける“組分け方式”を採用。これを適宜実施してきた。
 
 この予選ルールは新型コロナウイルス感染症の国内での流行にともない、当初予定されていたシーズンカレンダーでの開幕戦から約3カ月遅れの開催となった第1戦富士でも適用されたが、戦いの舞台を同じくする8月の第2戦でも同様の組分けが実施されることになった。

 今回、GT300クラスの出走台数は第1戦を欠場したarto Ping An Team Thailandが加わり計30台となったため、A組、B組ともに15台ずつに。各組への振り分けは前戦第1戦富士終了時点の成績に基づいたものとなっている。予選Q1の走行時間はそれぞれ10分間。予選Q2へ進出できるのは各組上位8台だ。
 
 なお、GT300クラスでの組分け予選実施にともないGT500クラス公式予選Q1のセッション時間は、通常の15分から10分間に短縮されて行われる。

 2020年スーパーGT第2戦たかのこのホテル FUJI GT 300km RACEのGT300公式予選Q1組分け一覧は以下のとおりだ。

■A組

52埼玉トヨペットGreen Brave
5TEAM MACH
10GAINER
55ARTA
4GOODSMILE RACING & TeamUKYO
96K-tunes Racing
60LM corsa
7BMW Team Studie × CSL
21Audi Team Hitotsuyama
25HOPPY team TSUCHIYA
30apr
48NILZZ Racing
88JLOC
31apr
61R&D SPORT

■B組

11GAINER
56KONDO RACING
65K2 R&D LEON RACING
34Modulo Drago CORSE
9PACIFIC – D’station Racing
2Cars Tokai Dream28
6ADVICS muta Racing INGING
244Max Racing
33X Works
50Arnage Racing
18TEAM UPGARAGE
22R’Qs MOTOR SPORTS
87JLOC
360TOMEI SPORTS
35arto Ping An Team Thailand