洗車のすべて!【第16弾】洗車のお悩みをスッキリ解消! シチュエーション別にプロに相談してみました!

洗車後のメンテや困った時の対処法は
お出掛け前や後のちょっとした時間で解消

洗車のすべて! 【第16弾】/こんな時困った。その対策法


愛車とのドライブ先やこれから出掛ける前に付いた汚れ。これらにお悩みの方は多いはず。そんな代表的な悩みをこのページではまとめてみました。これをチェックすれば、明日からは悩みに頭をかかえることは少なくなるはず!
洗車 プロスタッフ

出先で着く厄介な汚れ


出先での汚れとして一番の悩みは鳥のフンによる汚れ。実はこれ、放置すると取り返しのつかないことに。フンが塗装を傷めるから見つけたらすぐに対処したい。


「洗車のすべて!【第16弾】洗車のお悩みをスッキリ解消! シチュエーション別にプロに相談してみました!」の1枚めの画像鳥のフンはアルカリ性が多く、塗装膜と反応してダメージを与える。見つけた際はすぐ除去を。

プロスタッフ鈴木さんのワンポイントアドバイス
『虫汚れや鳥フンはすぐに除去するべし!』


キレイに保つには虫汚れや鳥フンは気付いたその場で落とすのが理想。虫汚れは放置すると黒い斑点になって落ちなくなります。鳥フンはひどいと、ついたところがそのままクレーターみたいに凹んでしまうことも。

ロングドライブの後


旅行など、長距離ドライブをすると必ずつくのが虫汚れ。これは放置すると固着して落ちなくなるので、ロングドライブ後のメンテナンスでキレイにしたい。


「洗車のすべて!【第16弾】洗車のお悩みをスッキリ解消! シチュエーション別にプロに相談してみました!」の1枚めの画像バンパーやガラスなどにつく虫汚れ。山間部を通る高速道路走行中につくことが多い。

時間がないお出掛け前に


出掛ける前に愛車が汚い。そんなシーンを体験したことがある人は多いはず。そんな時に役立つのがウェットシートタイプのクリーナー。拭くだけで汚れを落とせる。

お手軽に、かつすぐに使うことができるのが魅力。グローブボックスにひとつ備えておきたい。

アウトドアの後は


アウトドア遊びの後に汚れる箇所といえば室内。特にシートの隙間などに砂などの細かな汚れが入り込む。この汚れ、放置するとどんどん入り込むので早めに対処を行いたい。


「洗車のすべて!【第16弾】洗車のお悩みをスッキリ解消! シチュエーション別にプロに相談してみました!」の1枚めの画像入り込んだ汚れは、ブラシを使って掻き出していく。砂などの細かな汚れは早めの対処を。

水が使えない時


クルマを洗いたくても、近くに水道がなくて洗えない。そんな悩みを抱えている場合は、電池駆動式のスプレー常備しておけばを使えば解決。出先でも使える。

シャンプー液を希釈して入れるだけで、クリーミーな泡が簡単に噴射できるのも魅力。

困った時の対策に便利な道具をチェック!


「洗車のすべて!【第16弾】洗車のお悩みをスッキリ解消! シチュエーション別にプロに相談してみました!」の1枚めの画像64バスター_ボディやガラスに付着した虫汚れや鳥フンを手軽に落とすことができる、泡タイプのスプレー。ミクロの泡で汚れを包んで浮かせて落とす。(参考価格:500円前後)

取材協力:プロスタッフ 03-3794-6251 https://prostaff-jp.com

スタイルワゴン2020年8月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]