インディカー参戦中のエリクソン「エアロスクリーンはあるべきだと証明された」F1での導入を予想

 インディカーに参戦しているマーカス・エリクソンは、F1はコクピットの保護デバイスをエアロスクリーンに切り替えるべきだと考えており、エアロスクリーンはグランプリレースで使用されている「ハロより1段上のもの」だと主張している。

 2019年よりインディカーに参戦しているエリクソンは、現在チップ・ガナッシ・レーシングからレースに参戦している。エリクソンはF1に5年間参戦し、2018年にはアルファロメオ・ザウバーでヘイロー(Halo)の使用した経験を持っている。

 アメリカの主要シングルシーターシリーズであるインディカーは、今シーズンからエアロスクリーンを採用している。徹底的なテストが行われ、インディカーのドライバーたちから賛同を得たのだ。レッドブル・アドバンスド・テクノロジーズによって設計されたエアロスクリーンは、FIAがヘイローの組み込みを義務化する前に、最初にF1チームが検討していたデバイスだ。

「エアロスクリーンはヘイローのような構造にスクリーンが追加されたものだ」とエリクソンは『The Race』に語った。

「これはハロより1段上のものだと思う。F1やヨーロッパのカテゴリーが将来採用する可能性があると僕は見ている」

キミ・ライコネン(アルファロメオ)
2018年よりF1に導入された頭部保護デバイス『ヘイロー(Halo)』

 エアロスクリーンは先週末のインディカー・アイオワ戦でその効果を存分に発揮した。ペンスキーのウイル・パワーのマシンから外れたホイールが、エアロスクリーンの上部に跳ね返ってきたのだ。

 またエアロスクリーンは他の目的でも役に立った。パワーのインシデントの後のリスタートでは、リナス・ヴィーケイ(エド・カーペンター・レーシング)とコルトン・ハータ(アンドレッティ・ハーディング・スタインブレナー)が激しくクラッシュし、そこから舞い上がったデブリがエリクソンのマシンに当たったが、幸いエリクソンに怪我はなかった。

「ヘイローは大きな障害物には明らかに有効だろう。でも小さなデブリについては、エアロスクリーンに比べたら保護力は落ちる」

「それ(ヴィーケイとハータのクラッシュ)が起きたとき、僕は事故に巻き込まれないように、2台のうちの1台にぶつからないように集中していた」

「チームには、デブリが当たったようだと伝えたが、深刻なものだとは思わなかったし、すべて順調だと思っていた」

「でもレース後にリプレイを見たら、彼のウイングか何かのかなり大きな破片が、僕のエアロスクリーンの部分に当たっているのが分かった」

「それを見ていい気分はしなかったけれど、エアロスクリーンがあってよかったとは思った。インディカーは正しい選択をしたことが、間違いなく再度証明されたよ」

「これまでで6戦のレースがあった。エアロスクリーンにはなんの問題もない。この状況ではエアロスクリーンがあってよかったし、リナスとハータのマシンもコクピット周りをやられていた」

「エアロスクリーンはあるべきだということが証明されたと思う」