〈トヨタ・アルファード&ヴェルファイア〉驚異の大口径感と風格を手に入れる|Kranze Scintill 168 EVO

最上級のクレンツェを1ピースに

ウェッズにおけるフラッグシップブランドと言えば、複雑でアートな三次元デザインでお馴染みのクレンツェ。

そのクレンツェの中でも毎年、年明けに1作だけ発表されるイヤーモデルは、クレンツェの最先端技術やセンスを結集したベンチマーク的な高級3ピースで、これがクレンツェの最上級となる。

そんな2020年のイヤーモデル、シンティルをベースに、本家とは異なる魅力を持たせたのが、このシンティル168エボ。

最大の武器は、各ラインや曲面を再調整することで実現したモノブロック化による、他を圧倒するほどに強烈なリムオーバースポークだ。

スポーク先端がリムを軽々と飛び越えていくため、その印象は実寸よりもはるかにデカい。

超大口径の22インチなどではそれが顕著で、アル&ヴェルに合わせても、その存在感は圧巻だ。

もちろんクレンツェならではの三次元デザイン、シンティルのダイヤモンドのようなセンターギミックなど、本家の遺伝子はしっかりと継承。フローフォーミング採用で、機能も万全だ。

この“三次元意匠”がクレンツェの証

直線基調のスポークは、より多くの光を受けられるよう、側面をステップ形状に。
高く掲げたスポーク先端から、センターへ向けて急降下するシルエットもド迫力。
表情の奥行き感も強く、三次元感、大。


「〈トヨタ・アルファード&ヴェルファイア〉驚異の大口径感と風格を手に入れる|Kranze Scintill 168 EVO」の1枚めの画像

ナットホール周辺の面構成は、ダイヤモンドのカットを思わせる繊細さ。
ここが光を受けることで、実際にキラキラと輝くのが斬新だ。
リムファスナー部も宝飾品を意識した造形で、その意匠はまるで宝石。
迫力のスポークも必見。

SIZE  H-PCD  PRICE

18×7.5J  5-114.3  6 万9000円
19×8.0J  5-114.3  7 万8000円
20×8.5J / 9.5J  5-114.3  8 万9000円~9 万1000 円
21×8.5J  5-114.3  9 万6000円
22×9.0J  5-114.3  10 万円
COLOR SBC/ポリッシュ
CONSTRUCTION 鋳造1ピース[FLOWFORMING]

問:ウェッズ  03-5753-8201 http://www.kranze.jp

スタイルRV Vol.146 トヨタ アルファード & ヴェルファイア No.14 2020年6月27日発売号 より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]