2020年の「トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル」は特別版。パレード参加車両を約50台募集中

2020年の「トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル」は特別版。パレード参加車両を約50台募集中

パレード参加車は50台限定、来場者も招待制

「世界のクルマの進化と文化をたどる博物館」として人気のトヨタ博物館。トヨタ自動車の創立50周年を記念して1989年に誕生した同施設には世界中の自動車が展示され、クルマ文化・自動車産業の歴史を見学することができる。そして今回、トヨタ博物館が主催し第31回を迎えるクラシックカー・フェスティバルは、「トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル【Special edition】」と銘打ち、パレード参加者を全国から広く募集することになった。

トヨタ博物館がクラシックカー・フェスティバルのパレード参加車を募集

このフェスティバルでは参加したオーナー車両の1台1台にスポットを当て、愛車にまつわるストーリーにズームアップ。その模様をライブ配信し、クルマ文化の交流・楽しさ・笑顔を世界全国に配信するというもの。会場はトヨタ博物館(愛知県長久手市)とし、参加する全オーナーを館長以下すべてのスタッフが「おもてなし」として迎え入れる。そのため、今回のイベントへの参加車両は約50台に限定され、公道を使った約14kmのクラシックカーパレード、特設会場でのオーナー車両の展示・交流を予定。来場者も招待制となり、プレミアムなイベントとして企画されている。

応募の申し込みはトヨタ博物館のWebにアクセスし、専用のエントリー用紙をダウンロードして必要事項を記入。郵送のみの応募で、締め切りは2020年8月18日(必着)まで。応募多数の場合は車種等の情報をもとに事務局にて選定を行う。参加車両資格は1990年以前に生産された国産・輸入の乗用車及び商用車(二輪車、大型車両、軍用車を除く)、応募者自身が所有するオリジナルを基本とした車両であることなど。詳細は応募要項を参照のこと。参加費用は1台につき3000円。なお、荒天あるいは新型コロナウィルス感染拡大をふまえた政府方針などにより中止となる場合もある。

【開催概要】

トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバル【Special edition】

開催日:2020年10月25日(日)

開催時間:9:15~15:00(※雨天決行)

会場:トヨタ博物館

住所:愛知県長久手市横道41-100

【問い合わせ】

トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル応募事務局

TEL 0561-63-5151