レクサス、RXシリーズの利便性を向上し安全装備を追加して販売スタート

レクサス、RXシリーズの利便性を向上し安全装備を追加して販売スタート

LEXUS RX

レクサス RX

PKSBとBSMを標準装備。アクセサリーコンセントも追加

レクサスは、人気のアーバンSUVモデル「RX」をの装備を一部改良し、全国のレクサス店を通じて発売を開始した。

今回の一部改良では、パーキングサポートブレーキ(静止物+後方接近車両)「PKSB」やブラインドスポットモニター「BSM」を全車に標準設定して予防安全装備を充実。また、アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)をセンターコンソールとラゲッジルームに追加設定し、電気製品の屋外使用や災害時の非常用電源としての利便性を向上させた。

車両本体価格(税込)は、RX300が6グレードを用意し524万円~642万円、RX450が6グレードを用意し638万円~783万円、RX450hLは1グレードで796万円

【問い合わせ】

レクサス インフォメーションデスク

TEL 0800-500-5577