アルボン予選7番手「最後のコースオフがなければ3番手だった」レッドブル・ホンダ【F1第2戦予選】

 2020年F1シュタイアーマルクGPの土曜予選で、レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンは7番手だった。

 ウエットコンディションの予選で、アルボンはQ1では1分20秒882で14番手、Q2では1分19秒014で8番手、Q3でのベストタイムは1分21秒011だった。現地土曜に発表された暫定スターティンググリッドでは、アルボンは他車のグリッド降格により、6番グリッドが与えられている。

2020年F1第2戦シュタイアーマルクGP土曜 アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第2戦シュタイアーマルクGP土曜 アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
アレクサンダー・アルボン 予選=7番手
 もっとずっといい結果を出せたはずだと思っている。僕自身にミスがあった。路面状態が改善しつつあり、タイムがどんどん更新される状況のなか、最後のラップでコースオフしてしまった。あのミスがなければ3番手に入れたと思う。

 先週末(のオーストリアGP)の時の方がマシンバランスに満足できていたので、調べて状況を確認する。

 先週見たとおり、僕らのレースペースは強力だ。どういう結果を手に入れられるのか、楽しみにしていよう。先週の日曜にここでレースをして、皆ある程度のことは予測できているから、戦略面でうまくやる必要がある。何ができるか見ていくよ。