カーライフだけじゃない、普段の生活の助けにもなる自動車保険の特約とは?【クルマとお金:金融知識編】

●自動車事故だけじゃない、自動車保険の特約は、生活の様々な場面で役に立つ

自動車保険では多種多様な特約が用意されており、どの特約が適しているのか、ライフスタイルに合わせて選択する必要があります。中には、一見すると自動車事故と関係なさそうにもみえるのですが、普段の生活の中でも役に立つ特約が多くあるのです。

今回は普段の生活で役立つ特約を紹介します。

自動車保険証券
クルマに対する補償はもちろん、日常生活でも使える補償が目白押しの自動車保険の特約を使わない手はありません。

・多くの自動車保険についてくるベーシックな特約

クルマの事故やトラブルには、自動車保険の対人賠償、対物賠償、人身障害補償など、自動車保険の基本となる補償体系だけでは対応できないことがあります。

様々な事象に対処するために特約が存在し、自動車保険には自動付帯特約や有料付帯特約がセットされています。契約と同時に付帯される自動付帯特約の代表的な例は、他車運転特約やロードアシスタンス特約などです。

他車運転特約は、記名被保険者または、その家族の方が第三者のクルマを借りて運転し事故を起こしてしまった場合に補償されます。そのクルマの主たる運転者以外が起こした事故となると、そのクルマにかかっている保険では十分な補償を受けられないことがあるため、自身が契約している保険の内容に応じて保険金が支払われる特約です。

事象例としては、第三者のクルマが「本人夫婦限定」や「家族限定」の運転者限定特約、または年齢条件制限を与えている場合に、適用外の人がクルマを運転した場合などです。また、運転者限定特約などを付けていない状態で事故を起こしたクルマにかかる保険が利用できる状態でも、貸主の保険を使うことで大きな迷惑をかけることになります。

このような場合でも優先的に、自分が付保している自動車保険の補償内容を使って、事故の被害者、被害物への補償や事故車両の修復を行うことができます。補償の対象となるのは対人事故、対物事故、自損事故です。

車両の損害は契約している自動車保険に車両保険がセットされている場合のみ補償され、この場合は、事故を起こしたクルマの時価額または対物賠償保険の保険金額が補償の限度額となります。

事故
他人のクルマを借りて、万が一事故を起こしてしまった場合に、他車運転特約がしっかり使えるのかどうかは、確認必須です。

ただし、他車運転特約の補償の対象外となる条件があります。

記名被保険者や配偶者、同居の親族が所有、または常時使用している自動車の場合には、補償されません。たとえば、同居する子どもが所有する車を借りて運転して事故を起こした場合、他車運転特約ではカバーされません。また、承諾を得ることなく友人の車を勝手に借りて事故を起こしてしまった場合など、所有者のあずかり知らぬところでの事故があれば、他車運転特約の適用外になります。

ロードアシスタンス特約はクルマが事故や故障などのトラブルで、走行不能となった場合に応急処置費用、事故発生場所から修理工場までの運搬費用、帰宅できない場合の宿泊費用、代わりの交通手段の費用などが補償されます。

有料付帯特約は、自動車事故以外の日常生活での事故により他人にケガをさせたり、モノを壊してしまい法律上損害賠償責任を負った場合に保証される「個人賠償責任特約」があります。

自転車で歩行者とぶつかってケガをさせたり、子供がボールで遊んでいて誤って他人の家の窓ガラスを割ってしまった場合などの日常生活の中での事故や相手に与えた損害について、条件の範囲内で補償されます。また自転車に乗っていて障害物により転倒しケガをしたり、歩行中に自転車とぶつかり後遺症が生じた場合は「自転車傷害特約」で補償されます。

個人賠償特約と自転車障害特約の補償対象は、どちらも契約者の配偶者と、その同居の親族や別居の未婚の子までと、幅広く年齢を問わず設定されています。2つの特約をセットで付帯させることで、普段の生活でのトラブルや自転車での事故やケガに備えることができるでしょう。

近頃、自転車保険の義務化が全国的に広がりはじめ、自転車と歩行者の交通事故が増加傾向にあることから保険加入が求められており、自転車に乗る場合は自転車保険の加入が必須となるでしょう。個別に自転車保険への加入を考えるよりも、自動車保険に特約として自転車保険を付保することで、契約のわずらわしさも解消でき、自転車利用時の義務も果たすことができます。

・こんなのも対象?一風変わった特約

自動車保険に付帯する特約は、保険会社によって様々な種類が用意されています。一例としてソニー損保では、クルマで出かけた先でクルマを降りている間の事故による損害を補償してくれる「おりても特約」を用意しています。

「おりても特約」には「おりても傷害特約」と「おりても身の回り品特約」の2つがあります。

おりても傷害特約は、クルマで海に行きバーベキュー中に火傷を負った、キャンプ場で転倒して骨折したなどのクルマを降りた後の事故をカバーしてくれる傷害保険の要素をもっています。

おりても身の回り品特約はクルマで旅行に行き、カメラを落としてレンズが割れたなどのトラブルで自身のモノが破損した時に補償してもらえます。ただし最大10万円までの補償で免責金額5,000円がついている点に注意です。おりても特約は同居の親族が所有するクルマにも適用されるので、クルマを複数台所有の方は1台に付帯させておくと安心です。クルマで毎日出掛ける方におすすめの特約になります。

またアクサダイレクトでは、大きな事故に遭い顔や体に傷跡が残った場合の形成手術費用をカバーする複数の特約からなるパッケージの「レディースプラス」を用意しています。傷の瘢痕を消すための形成手術費用は、人身傷害補償ではカバーできないケースが多く、傷跡を消すところまで補償してくれるレディースプラスは特に女性におすすめです。もちろん男性でも利用することが可能な特約になります。

保険会社によっては、あまり目にすることのない珍しい特約が用意されています。自動車保険を選ぶ際の判断材料の1つとしてみてはいかがでしょうか。

ペットホテル
家族の一員でもあるペットに適用できる特約も、数多く用意されています。

・特約で保険会社を選ぶ時代

保険会社を選ぶ際、多くの方が保険料の安さに注目されていました。しかし最近では保険料の安さよりも万が一に備え、しっかりと補償をしてくれる自分や家族にあった特約を用意している保険会社を選ぶ人が増えています。自

動車保険は、保険会社があらかじめ基本補償に特約を自動付帯させた補償内容を、さらに手厚く補償してもらうために、オプションの有料付帯特約を追加して契約します。自動車事故の補償だけではなく、バイクや自転車での事故やケガ、ペットのケガ、他人のモノを壊してしまった時など普段の生活での細かなところまで、特約でカバーすることができるのです。

保険料の安さよりも十分な補償を受けられるか、対応はどうかといった、サービスの面を重視して自動車保険を選ぶ時代に少しずつ変化してきました。

自動車保険に様々な特約を付けることにより、現在加入している、他の保険と内容が重複してしまうことがあります。自身が契約している保険全体を見回して、単体の傷害保険や賠償保険を見直し、補償の重複を減らすことで、家計の中での全体的な保険料負担を少なくすることもできるでしょう。

自動車保険の見直しと同時に、他で加入している種類の異なる保険の見直しなどにも着手してみるのもいいのではないでしょうか。

・まとめ

今回紹介した自動車保険に付帯する特約は、予期せぬ事故や日常生活でのトラブルの際に役立ちます。自動車保険だからクルマの事だけと考えてしまうと、気づかなかった優良な特約が見えてくるはずです。今一度、自動車保険の担当者と補償内容について相談をしてみるのもひとつです。

(文:佐々木 亘)