新型ルノー・ルーテシアが2020年10月に日本発売。ハイブリッドの日本導入はある!?

■新型マーチ(マイクラ)、ジュークと同じモジュラープラットフォームの「CMF-B」を採用

ルノーは、欧州Bセグメントで販売台数ナンバー1を誇るルーテシア(欧州名:クリオ)の新型モデルを、2020年10月頃にリリースするとアナウンスしました。

日産 マイクラ
日産マイクラ(マーチ)の新型モデルも「CMF-B」を使う

2019年の東京モーターショーで披露された新型ルーテシアは、欧州で発売されている日産ジュークと同様に、新しいモジュラー「CMF-B(コモンモジュールファミリー)」プラットフォームを使って仕立てられています。

ルノー ルーテシア(クリオ)
ルノー ルーテシア(クリオ)が2020年10月に日本でも発売開始

ローレンス・ヴァン・デン・アッカー コーポレートデザイン担当上級副社長は、

「ルノー ルーテシアは、ヨーロッパでは B セグメント販売台数ナンバー1であり、全モデル中2番目に売れているモデルです。そのため、第5世代となる新型ルノー ルーテシアは、我々にとって非常に重要なモデル。
第4世代のルーテシアのデザインは今でも魅了し続けているため、新しいモデルはそのDNAを維持しながらも、クールさとエレガントさをより洗練させました。インテリアは、革命とも呼べるほどのハイクオリティ、そして洗練度と機能が大幅に向上しました。新型ルノー ルーテシアは、史上最高のルーテシアです」

と自信を見せています。

新型ルーテシア(クリオ)
東京モーターショーで披露された新型ルーテシア

現行ルーテシアはBセグメントの中ではワイドな全幅、低く構えたフォルムで登場しました。新型ルーテシアは、全長4050×全幅1798×全高1440mm、ホイールベースは2583mm(欧州値)。

現行型の全長4095×全幅1750×全高1445mm、ホイールベース:2600mmと比べると、日本仕様も全幅がさらにワイドになりそう。欧州では日本よりも全幅に対して寛容(コンパクト=全長が短い)なのかワイド化が進んでいますが、日本では駐車場の制約や狭い住宅街なども少なくないため、少し気になるところではあります。

新型ルーテシア
新型ルーテシア(クリオ)のインパネ

一方で、洗練された内外装に加えて、新モジュラープラットフォームにより、走りや安全、パッケージングなど、全方位での進化も期待できるだけに、登場予定の10月が待ち遠しく感じます。

また、日本仕様の詳細はまだ明らかにされていませんが、ガソリン車に加えてルノーが開発した「E-TECHシステム」と呼ばれる2モーター式ハイブリッドも用意されていますから、日本仕様の詳細が気になります。

(文/塚田勝弘・東京モーターショーの写真/塚田勝弘)