F1復帰アロンソに2020年フリープラクティス参加のうわさも、ルノーは否定。プライベートテストを検討

 ルノーF1チームの代表シリル・アビテブールは、2021年に向けて契約を結んだフェルナンド・アロンソを2020年中にグランプリウイークエンドのフリープラクティスで走らせるのではないかという推測を否定した。

 7月8日、ルノーは、2005年と2006年に共にタイトルを獲得したアロンソを、2021年にレギュラードライバーとしてチームに迎えることを正式に発表した。アロンソは、ダニエル・リカルドの後任として、エステバン・オコンのチームメイトを務めることになる。

 ルノーは契約期間を明らかにしていないが、2021年と2022年の2年契約であると考えられている。2022年にはF1技術規則の大幅な規則変更が行われ、ルノーはこれが同チームにとって浮上の大きなチャンスととらえている。F1新時代に向け、ルノーはアロンソの力を借りて最大限の準備を整えようとしているのだ。

「彼も私たちもこれから山ほどやることがある。2022年をゴールに定め、そこに向けて成長していこうと決意している」とアビテブールが語ったとスペインの『AS』が伝えた。

 2018年末でF1を離れたアロンソは、2年間のブランクを経てF1に復帰することになる。2021年への準備として、今シーズンの金曜FP1でルノーR.S.20で走る機会を与えることをルノーは計画しているのではないかという推測も持ち上がっていたが、アビテブールは現時点ではその予定はないと述べている。

2020年F1第1戦オーストリアGP ダニエル・リカルド(ルノー)
2020年F1第1戦オーストリアGP ダニエル・リカルド(ルノー)

「アロンソが手順に慣れるためにフリー走行で走る必要があるとは思わない。今はその予定はない」とアビテブール。

「なんらかの機会を設けられるかどうかを見ていく。2018年マシンで走行するといったことを含めてだ。だが今のところ具体的な計画はない。彼はまずファクトリーを訪れて、チームメンバーとの顔合わせを行う予定だ」

「彼の存在はチームメンバーに大きなモチベーションをもたらすだろう」