新型アウディQ3、Q3スポーツバックが日本で発売開始!! 価格はQ3が438万円〜、注目のRSモデル導入は?【新車Audi Q3/Q3 Sportback】

■激戦区のコンパクトSUVに殴り込み!! Q3スポーツバックはクーペクロスオーバー

かなり以前から日本導入が待望されていたアウディQ3の新型モデルが2020年7月7日に七夕に発表されました。 MQBプラットフォームを使って仕立てられた、新型アウディQ3、Q3スポーツバック。初代アウディQ3は世界で140万台、日本では1万5000台を販売。コンパクトSUVの人気が高い日本ではとても重要な新型、2代目になります。

アウディ Q3 Q3スポーツバック
日本で発表、発売された新型アウディQ3、Q3スポーツバック

そのエクステリアで目を惹くのは、弟文のQ2など、アウディQファミリー専用にデザインされたオクタゴン(八角形)のシングルフレームグリルをはじめ、シャープなLEDヘッドライト、大型のエアインレットと特徴的なバンパーによる力強くスポーティなエクステリアが目を惹きます。

アウディ Q3
新型アウディQ3のエクステリア

さらに、前後のブリスターフェンダーや彫りの深いサイドのロワーラインなどにより、SUVらしい力強さを演出。また、Q3よりも約4.5cm低い全高や、クーペのようなエレガントさを備えたアウディ初のコンパクトクロスオーバーSUV「Q3 スポーツバック」が加わっています。これにより、新型アウディQ3シリーズは、2つのボディ形状と、直噴ガソリンエンジンTFSIに、新設定の直噴ディーゼルエンジンTDIまで加わり、多彩なユーザーニーズに応える構えです。

新型アウディQ3スポーツバック
新型アウディQ3スポーツバックのリヤビュー

インパネにもオクタゴン(八角形)のシングルフレームグリルをモチーフとしたデザインが配されています。アウディの上位モデルから譲りの、10.25インチのフル液晶ディスプレイ式デジタルインストルメントクラスター、タッチスクリーンを備えた「MMI」などにより、使い勝手をさらに向上。

新型アウディQ3 Q3スポーツバック
新型アウディQ3、Q3スポーツバックのインテリア

また、両モデルには、さまざまな先進安全装備が搭載されています。事故を予防し、衝撃を軽減する「アウディプレセンスフロント」に加えて、「アウディサイドアシスト」や「アウディアクティブレーンアシスト」、アダプティブクルーズコントロールやサラウンドビューカメラなどにより、高い安全性と快適性、視認性を確保。

新型アウディQ3 Q3スポーツバック
新型アウディQ3、Q3スポーツバックのエクステリア

新型アウディ Q3/Q3 スポーツバックの全長は4490(スポーツバック4500mm)、全幅は1840mm、全高は1610(スポーツバックは1565mm。ルーフアンテナを除く)。約4.5 mの扱いやすい全長でありながら、旧型比で75mm長くなったホイールベースにより広いキャビンが確保されたそう。それに伴い、後席のヘッドクリアランスも、新型Q3は旧型比で7mm拡大。さらに、クーペスタイルのQ3スポーツバックでも十分なスペースが用意されています。

新型アウディQ3
新型アウディQ3のリヤシート

さらに、荷室容量は通常時で70L拡大され、530Lというクラストップレベルの広さを実現。さらに後席は、前後スライドとリクライニングが可能で、背もたれを格納すれば、最大1525L (スポーツバックは1400L) までスペースを拡大できます。また、フロアボードの高さも設定可能で、フロア下にリヤパーセルシェルフを格納できるなど、さまざまなアレンジが可能になっています。

新型アウディQ3
新型アウディQ3のラゲッジスペース

軽量化と高いボディ剛性を両立したというボディには、従来の1.4 TFSIを進化させた新開発の1.5 TFSI(ガソリン)と、クリーンディーゼルの2.0 TDIの2種類を設定。1.5 TFSIには、より高圧の直噴システムの採用などにより最高出力150ps、最大トルク250Nmを発揮。さらに、気筒休止システムのシリンダーオンデマンド (cod) により省燃費を実現したとしています。

新型アウディQ3スポーツバック
新型アウディQ3スポーツバックのエクステリア

一方の、2.0 TDIは、340Nmもの分厚いトルクと低燃費性が自慢。両エンジン共にトランスミッションは、7速Sトロニック(デュアルクラッチトランスミッション)が組み合わされています。さらに、2.0 TDI搭載モデルには、電子制御式油圧多板クラッチを使った、quattro(クワトロ)フルタイム四輪駆動システムを組み合わせることで、安定した加速、走行安定性や高いコーナリング性能など優れた走りを実現しているそう。

新型アウディQ3の価格は、1.5L直列4気筒DOHCターボを積む「35 TFSI」が438万円、同エンジンの「35 TFSI advanced」が464万円。同エンジンの「35 TFSI S line」が494万円。2.0L直列4気筒DOHCディーゼルターボを積む「35 TDI quattro advanced」が513万円、「35 TDI quattro S line」が543万円です。

アウディジャパン 
アウディQ3、Q3スポーツバックをお披露目したアウディジャパンのフィリップ ノアック社長

新型アウディQ3スポーツバックは、「35 TFSI」が452万円、「35 TFSI S line」が516万円、「35 TDI quattro S line」が563万円です。すでに多くの前受注を獲得しているという新型アウディQ3、Q3スポーツバックは、とくに若いユーザーに訴求するSUV、クロスオーバーSUVと位置づけていて、アウディQシリーズを牽引する存在になるのは間違いないでしょう。なお、新型アウディQ3 RSの日本導入について、アウディジャパンのフィリップ ノアック社長は、2021年の第1四半期には導入したい、できるだけ前倒ししたい、と明らかにしています。

(塚田勝弘)