F1開幕に向けてレッドブル・レーシングの日本語公式ホームページが公開。連動したキャンペーンも実施中

 2020年のF1開幕となる第1戦オーストリアGPを目前に控えた7月2日、レッドブル・レーシングの日本語公式ホームページが公開され、登場を記念した連動キャンペーンも実施されている。

 日本メーカーのホンダからパワーユニット供給を受けるレッドブル・レーシングの公式ホームページは、これまで英語での展開が行われていたが、7月3日からの2020年シーズンF1開幕に伴い公式日本語サイトがローンチした。

 現在、日本語の公式ホームページではレッドブル・ホンダのドライバー、マックス・フェルスタッペンとアレクサンダー・アルボンのインタビューのほか、2019年のブラジルGPでチームが記録した“世界最速”のピットストップの解説『1.82秒の世界を知る』などが公開されている。

 そのほかにもレッドブル・レーシングのモーターホームの全貌紹介、『ベスト・オブ・レッドブル』と題されたこれまでのレース振り返りや回顧録、チームグッズなどの紹介など盛りだくさんの内容だ。

マックス・フェルスタッペンのインタビューもすべて日本語で読むことができる
マックス・フェルスタッペンのインタビューもすべて日本語で読むことができる

 そして、日本語公式ホームページの登場を記念した『#RB15フォトグランプリ』と題されたキャンペーンも現在開催されている。

 このキャンペーンは、スマートフォンからレッドブル・レーシング日本語公式ホームページにアクセスし、ページに表示されたレッドブル・ホンダの2019年マシン『RB15』を選択するとAR(拡張現実)が起動しマシンを撮影できるというもの。

 このARのRB15を利用して撮影した画像を、「#RB15フォトグランプリ」というハッシュタグをつけてTwitterに投稿すると、抽選で2名にRB15のミニチュアモデルがプレゼントされる。

 キャンペーンの応募期間は7月1~12日の23時59分までとなり、当選した方には事務局からダイレクトメッセージで連絡がされる。キャンペーンの応募方法や詳細については、公式サイト内の特設ページまで。コンテンツ満載のレッドブル・レーシング日本語公式ホームページはこちらをチェックしてほしい。

キャンペーンへの応募はハッシュタグ「#RB15フォトグランプリ」をお忘れなく
キャンペーンへの応募はハッシュタグ「#RB15フォトグランプリ」をお忘れなく
AR(拡張現実)を利用した撮影のイメージ。自宅や街中にF1マシンを登場させてみよう
AR(拡張現実)を利用した撮影のイメージ。自宅や街中にF1マシンを登場させてみよう
ホームページではレッドブル・レーシングのマシン詳細やスペックなども確認ができる
ホームページではレッドブル・レーシングのマシン詳細やスペックなども確認ができる

DAZN新規会員2ヶ月無料キャンペーン実施中