F1開幕を前にアルファタウリ・ホンダF1と日本企業のRDS、両代表がメッセージを寄せる

 7月3日のF1世界選手権開幕を前に、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダF1とパートナシップを結ぶ日本企業『株式会社RDS』が2日にリリースを公開し、両代表がメッセージを寄せている。

 RDSは「今日の理想を、未来の普通に。」をコンセプトに、新しいモノ作りのカタチを世界に発信する研究開発型の企業だ。これまでにモータースポーツや医療・福祉、最先端ロボットの開発など、多数の製品開発に携わり、冬季ソチ、平昌オリンピック・パラリンピックではパラアスリートと装備を共同開発し、計7個のメダル獲得に貢献している。

 アルファタウリ・ホンダとRDSのパートナーシップは2019年の6月に締結され、第8戦フランスGPよりチームの前身であるトロロッソのマシン『STR14』のフロントウイングに『RDS』のロゴが掲載されていた。

 2020年2月には新生アルファタウリ・ホンダとのパートナシップ契約延長が発表され、今シーズンのマシンのフロントウイングのほか、ガレージやメディアウォール、チームウェアにもRDSロゴが掲出される。

 同社の代表取締役社長である杉原行里氏は、「スクーデリア・アルファタウリ・ホンダとのパートナーシップで、エキサイティングな舞台に参加できることを嬉しく思います」とリリース内で語った。

「最速の世界で技術を追求するF1のマシンは、モータースポーツファンだけでなく、誰もが“いつか乗ってみたい”と思う憧れです。これはRDSが目指す未来に深く通ずるものがあります」

「この先も、“誰もが乗ってみたい”と思うようなプロダクトを世に送り出し、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダとともに、世界にモビリティーの進化を発信していきたいと思っています」

 また、アルファタウリ・ホンダでチーム代表を務めるフランツ・トストも、「ハイブリッドターボ時代に最高の結果を手にしたスクーデリア・アルファタウリ・ホンダは、RDSとの契約延長を温かく歓迎する」とメッセージを寄せている。

「チームとRDSの双方は、つねに卓越したデザイン、そしてパフォーマンスという哲学を共有しており、このパートナーシップの成功は、私達とRDSの杉原行里代表が手を取り合い築き上げてきた信頼があってこそ。お互いにとってとても意義のあるパートナーシップだ」

アルファタウリ・ホンダのチーム代表であるフランツ・トスト。チームウェアの右腕下にRDSロゴが入っている
アルファタウリ・ホンダのチーム代表であるフランツ・トスト。チームウェアの右腕下にRDSロゴが入っている
スクーデリア・アルファタウリ・ホンダとRDSのパートナシップロゴ
スクーデリア・アルファタウリ・ホンダとRDSのパートナシップロゴ

DAZN新規会員2ヶ月無料キャンペーン実施中