メルセデス・ベンツ GLAのEVモデル「EQA」市販型のスペックが判明

■最高出力201hp、268hp、335hpという3段階の電気モーターをラインアップ

開発終盤を迎えている、メルセデス・ベンツの新型コンパクトEVクロスオーバーSUV「EQA」市販型プロトタイプを、これまででもっともカモフラージュが軽い状態でカメラが捉えました。

メルセデス・ベンツ EQA_005
メルセデス・ベンツ EQA 市販型プロトタイプ

EQAは基本的に「GLA」第2世代のEVバージョンとなります。これまで隠されていたサイドパネルのカモフラージュも剥がされ、GLAに非常に似たサイズと形状が見てとれます。

おそらくフロントエンドとリアエンドのみ、「EQ」ファミリーマートのデザインが採用されると思われます。

メルセデス・ベンツ EQA_010
メルセデス・ベンツ EQA 市販型プロトタイプ

2017年のフランクフルトモーターショーで初公開された「コンセプトEQA」では3ドアハッチバックでしたが、市販型では約100mmリフトアップされ、5ドア・クロスオーバーSUVとして発売される可能性がありそうです。

これによりヘッドルームとレッグルームが改善、十分なスペースが確保されるのは間違いないでしょう。プラットフォームはEQC同様に「MAF II」を採用します。

メルセデス・ベンツ EQA_006
メルセデス・ベンツ EQA 市販型プロトタイプ

注目のEVパワーユニットは最高出力201hp、268hp、335hpという3段階の電気モーターがラインアップされ、バッテリーパックは60〜110kWhのユニットからセレクト可能だといいます。またEQAにはない電動四輪駆動システムがオプション設定されると予想されています。

安全技術面では、半自立駆動システムを採用。最新のMBUXインフォテイメントやデジタルクラスタも搭載されるはずです。

ワールドプレミアは今秋の予定でしたが、コロナウィルスのパンデミックにより遅れが生じており、2020年内のどこかとなりそうです。

(APOLLO)