9車種目のSUV! 新型メルセデス・ベンツGLB登場! 高いユーティリティ性とGクラス譲りの本格派!!

取りまわしのよいサイズで日本市場にジャスト
3列シート採用で居住性や使い勝手を向上

Mercedes-Benz/GLB
メルセデス・ベンツ/GLB


メルセデス ベンツ GLB SUV 新型

日本市場でも人気の高いメルセデス・ベンツのSUVラインアップに、国内ブランド最多となる9車種目の新型「GLB」が登場した。

「G」クラス譲りのスクエアなエクステリアデザインに、日本でも取り回しの良いサイズながら悪路走破性も高く、さらに3列シートを備えた7人乗りが可能な、実用性の高さも魅力的なモデル。

GLAとGLCの間に位置する新型GLBは、カタログ値で全長が4634〜4650mm、全幅が1834〜1845mm、全高が1700〜1706mmとGLCに比べると全高は高めだが全長と全幅は少し小さめなボディサイズとなる。

GLE、GLSに続く7名乗車SUVとなるGLBは、高い全高と長いホイールベースを活かした広い室内空間に多彩なシートアレンジを可能とするユーティリティ性が魅力。

2列目に60対40の140mm調整が可能な前後スライド機構を備え、3列目の居住性も確保できる。3列目を使わない時はラゲッジフロアに格納できるので、荷室の積載性も高い。

グレードは2.0ℓ直4ディーゼルターボの「OM654q」を搭載するFFの「GLB200d」と、2.0ℓ直4ガソリンターボの「M260」を搭載する4WDの「GLB250 4MATIC スポーツ」の2種類を用意。どちらも8速デュアルクラッチトランスミッションの8速DCTを組み合わせる。

「ハイ! メルセデス!」のキーワードで起動する新型の自然対話式音声認識機能を備えた「MBUX」も搭載し、多くのインフォテインメント機能や快適装備を手軽に操作できる。

また、学習機能を備えることで、クラウド上のソフトウェアモデルによって新しい流行語や自体による言葉の用法の変化を学習できるという点もポイントだ。

運転支援システムのインテリジェントドライブは「Sクラス」と同等の最新システムを採用し、充実した安全運転支援機能によりドライバーの負担を大きく軽減してくれる。

新型GLBは、普段乗りはもちろんアウトドアやレジャーでも活躍できる、いまの日本市場にジャストなSUVだ!


「9車種目のSUV! 新型メルセデス・ベンツGLB登場! 高いユーティリティ性とGクラス譲りの本格派!!」の1枚めの画像GLB200d_Gクラスからインスピレーションを受けたスクエアでパワフル、かつシンプルなデザインは本格的SUVらしさを強調。高い悪路走破性も発揮する。

GLB250 4MATICスポーツ_GLB200dにはオプション装備となるAMGラインを標準としたスポーティさを強調するデザインの「GLB250 4MATICスポーツ」。
GLB_パワートレーンは「GLB200d」に2.0ℓ直4クリーンディーゼルターボの「OM654q」を搭載し、最高出力150ps、最大トルク320Nmを発生。「GLB250 4MATICスポーツ」には2.0ℓ直4ガソリンターボの「M260」を搭載し、最高出力224ps、最大トルク350Nmを発生する。どちらのエンジンも新開発の8速デュアルクラッチトランスミッション「8G-DCT」を組合せ、駆動方式が「GLB200d」はFF、「GLB250 4MATICスポーツ」は4WDとなる。


「9車種目のSUV! 新型メルセデス・ベンツGLB登場! 高いユーティリティ性とGクラス譲りの本格派!!」の1枚めの画像GLB_3列シートを備えた7人乗りとなるGLB。2列目シートは40対20台40の分割可倒式にバックレストの角度を8段階に調整が可能。140mm調整が可能な60対40分割の前後スライド機構を備え、広くて快適なレッグスペースを確保したり積載性を高めることもできる。

GLB_Sクラス同等の安全運転支援システムの「インテリジェントドライブ」を採用。衝突被害軽減や車線維持機能、斜め後ろの死角の車両との衝突回避を支援する機能など、最先端のセンサーシステムを搭載。自動運転に近い走りを実現するステアリングアシストを備えたアクティブディスタンスアシスト・ディストロニックなど、安心・快適にドライバーをサポートしてくれる。

【SPECIFICATION】
[GLB200d]
●価格:512万円
●エンジン:2.0ℓ直4ディーゼルターボ
●ステアリング:右

[GLB250 4MATICスポーツ]
●価格:696万円
●エンジン:2.0ℓ直4ターボ
●ステアリング:右

問:メルセデスコール 0120-190-610 https://www.mercedes-benz.co.jp/

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_村上 類]