「世界で最も安いEV」といわれるコンパクトEVシリーズにSUVが追加?

■長城汽車のEVブランド「ORA」から新たなモデルが登場

中国メーカー・長城汽車のEVブランド「ORA」が開発を進める新型EVクロスオーバーSUV「ES11」の特許画像が流出、スウェーデンエージェント経由で入手しました。

グレート ウォール ES111_001
グレート ウォール ORA ES111 特許画像

長城汽車(Great Wal Motor Company Lemited)、通称「万里の長城」は1984年に設立されており、中国最初の私有自動車メーカーとしても有名です。現在CUVの「ホーバー」、SUVの「セーフ」「シング」「ペガサス」のほか、ピックアップトラック、乗用車、コンパクトカー、ミニバンなど幅広いラインアップを持っています。

グレート ウォール ES111_002
グレート ウォール ORA ES111 特許画像

流出した特許画像では、丸いヘッドライトと筋肉質のフロントハンチなど、ポルシェ「911」やVW「ビートル」を彷彿させるデザインがみてとれます。

同社はこれまで、前述の「セーフ」がトヨタ「ハイラックスサーフ」に酷似しているなど、模倣が話題になっているメーカーでもあり、新型モデルでもちょっとした怪しさが漂っています。

グレート ウォール ES111_004
グレート ウォール ORA ES111 特許画像

フロントクォーターパネルには充電口を配置、シンプルな5本スポークホイールを装着、リアエンドではウィンドウにLEDライトバーが埋め込まれているように見えます。実用化されれば、斬新なデザインが期待できそうです。

長城汽車が2018年に設立したEVブランド「ORA」からは、世界で最も安い電気自動車と言われる、コンパクトEV 「R1」「iQ」「R2」などを発売しており、それらの技術が投入される可能性もありそうです。

ES11のワールドプレミアは不明ですが、泰州にある同社工場で10月から生産が始まると伝えられています。

(APOLLO)