D1GPなどで活躍するドリフトマシン向けに作られたホイールのオフタイプモデル〈トヨタ・ランドクルーザープラド〉ホイール カスタム

RAYS伝統の6スポークはさらに洗練化されPRADOへ

gramLIGHTS 57DR-X

src=”https://dressup-navi.net/wp-content/uploads/2020/06/SWDRNV_SRV143_PRADO_P72_1.jpg” alt=”” width=”1280″ height=”853″ />

レイズといえば、今さら説明するまでもなく、メイド・イン・ジャパンのクオリティに裏付けられた、高機能ホイールブランドの代名詞として、世界的に知られた存在。

モータースポーツシーンにおいてもサーキットからオフロードまで、あらゆるカテゴリーで活躍を続けていることは有名だ。

そんな同社のキャストシリーズ、グラムライツに新作として追加されたのが、57DR‐X。

デザインのエッセンスとなったのは、主にD1GPなどで活躍するドリフト車をメインに好評を博して来た57DR。

レイズを象徴する6本スポーク形状の特徴を活かしつつ、クロカン車向けのPCDへと深化させた仕上がりは、文字通り見事と言う他無い。

カラーはカタマリ感と硬質感を合わせ持つスーパーダークガンメタで、フェイス形状はサイズの違いによりコンケイブの落とし込み幅を変更させている。

スポーティな4駆ホイールに必要なギミックが満載なので、所有満足の高さを求めるなら、グラムライツでキマリだ。

軽量高剛性を突き詰める姿勢

車格をワンランクアップさせるほどの風格と重厚さは、一切の妥協を廃した本格派ならではのもの。

もちろん軽さという点も申し分無く、バネ下荷重の低減というアルミホイール本来のメリットを最大限に追求している。

スポーク部分には57DRと同様、最新のレイズロゴのエンボスが刻まれている。
センターキャップはオプションで、写真のレッドカラーの他、クロームベースのブルー、クロームベースの57ロゴ仕様の3種類を設定。

SIZE  H-PCD  PRICE
16×6.5J  6-139.7  3 万4000円
18×8.0J / 9.0J  6-139.7  4 万2000円~4万4000 円
COLOR スーパーダークガンメタ
CONSTRUCTION 鋳造1ピース

DEMO CAR

WHEEL SIZE 18×9.0J+20
TIRE SIZE 265/65[BFGoodrich]

問:レイズ  06-6787-0019
https://www.rayswheels.co.jp

スタイルRV VOL.143 ランドクルーザープラド No.3(2020/3/26)より

スタイルRV VOL.143 ランドクルーザープラドNo.3 2020年3月26日発売

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]