川崎重工:クラス世界最高となる発電効率51.0%の新型ガスエンジンを販売開始

川崎重工は、新開発の2段過給システムを搭載したクラス世界最高の発電効率を誇る新型ガスエンジン「KG-18-T」の耐久試験を終了し、「カワサキグリーンガスエンジン」の高効率モデルとして販売を開始した。

「KG-18-T」は2011年の初受注以降、180台以上の販売実績がある従来機をベースに、さらなる性能の向上を目的として開発したもの。出力は7,800kW(50Hz)、7,500kW(60Hz)で、新開発した2段過給システムの搭載により発電効率は同社従来機と比較して1.5%向上し、本出力クラスでは世界最高の51.0%(※1)。NOx排出量は200ppm(※2)以下であり、多くの国内都市部の環境要請へ対応が可能。また、起動指令後5分で最大出力に到達可能な優れた起動性を有しており、電力網の需給調整力の向上に寄与する。
※1 国内都市ガスベース(40.6MJ/Nm3、メタン価=69)
※2 O?=0%換算

 再生可能エネルギーの普及により国内外ともに電源の多様化が進む中で、「KG-18-T」は優れた経済性、環境性能、起動性により分散型電源の普及に貢献する。

カワサキグリーンガスエンジンラインナップ