アルピーヌA110にイエローとブラックの大胆コントラスト『カラーエディション2020』が登場

 6月5日、アルピーヌ・ジャポンは『アルピーヌA110S』をベースにイエローの特別なボディカラーを纏った『アルピーヌA110カラーエディション2020』を発表し、同日より購入申し込みを開始すると発表した。

 アルピーヌA110カラーエディションは、毎年コレクションを発表しているファッションの世界から着想を得たモデル。この『アルピーヌA110カラーエディション・プログラム』の導入によって、特別なボディカラーが施されたアルピーヌA110が毎年登場することになるという。

 今回発表された2020年モデルのカラーエディションは、1960~1970年代に人気を博したイエローのボディカラー『ジョン・トゥルヌソル(ひまわりの黄色)』を採用している。このイエローは、人気のソリッドカラーをアルピーヌの塗装エキスパートが現代の塗装材で忠実に再現したものだ。

 アルピーヌA110カラーエディション2020のイエローボディカラーには、ブラックにされたエンブレム/モノグラム、カーボンルーフ、18インチアロイホイールなどのパーツが組み合わされた。

アルピーヌA110カラーエディション2020(ジョン・トゥルヌソル)
アルピーヌA110カラーエディション2020(ジョン・トゥルヌソル)
アルピーヌA110カラーエディション2020(ジョン・トゥルヌソル)
アルピーヌA110カラーエディション2020(ジョン・トゥルヌソル)

 イエローとブラックに彩られたエクステリアと同様に、インテリアはチタンブラックが基調にされ、ドアパネルやカーボンエンブレム、ステアリングのセンターマーカーにはイエローカラーが施されている。

 このアルピーヌA110が持つスポーティさが、イエロー×ブラックという大胆なコントラストでさらに引き立たせられたカラーエディション2020は期間限定の受注生産モデルとなっており、6月5日より購入申し込みが始まっている。

 申し込み期間は2021年3月31日までとなり、価格は911万円(税込)。受付はアルピーヌ・ジャポンのオフィシャルウェブサイトおよびアルピーヌ正規販売店で現在行われている。詳細はアルピーヌ・ジャポンの公式サイト(https://www.alpinecars.jp/model/a110-color-edition-2020/)まで。

■アルピーヌA110カラーエディション2020専用装備

・キャリパーカラー:ブラック
・ヘッドランプブラックインサート
・イエロー/カーボンエンブレム
・ALPINEロゴ入りヘッドレスト(イエロー)
・グレーステッチインテリア
・レザー/マイクロファイバーステアリング(イエローセンターマーカー)
・イエロー/カーボンエンブレム付ドアトリム
・リミテッドエディションプレート(ALPINEロゴ入り)

■販売方法

 2020年6月5日(金)11:00から2021年3月31日(水)まで、アルピーヌ・ジャポンオフィシャルウェブサイト、およびアルピーヌ・ジャポン正規販売店で申込みを受付け。但し、3月31日(水)までに、購入手続きを完了していることが必要。
※台数の制限はありません。
※ウェブ申込の場合、申込み時に15万円のクレジット決済が必要です。
※販売店で申込みの場合、申込み時に申込金として15万円を受領します。
デリバリー開始:2020年12月以降を予定

アルピーヌA110カラーエディション2020(ジョン・トゥルヌソル)
アルピーヌA110カラーエディション2020(ジョン・トゥルヌソル)
アルピーヌA110カラーエディション2020(ジョン・トゥルヌソル)
アルピーヌA110カラーエディション2020(ジョン・トゥルヌソル)