ランボルギーニ、eスポーツ選手権「The Real Race」への本格参戦を発表【動画】

ランボルギーニ、eスポーツ選手権「The Real Race」への本格参戦を発表【動画】

「Assetto Corsa Competizione」で戦われるeスポーツ選手権

アウトモビリ・ランボルギーニは、クノス・シュミレイツィオーニ(Kunos Simulazioni)社が開発したレースゲーム「Assetto Corsa Competizione」をプラットフォームとするeスポーツ選手権「The Real Race」に参戦を果たした。これはランボルギーニにとって、急成長するEスポーツへの初参入となる。

The Real Raceは、リアルとバーチャルを融合させた新しいシムレーシング選手権。トーナメントは5月29日から開始しており、毎週末に5回の予選を開催した後、9月18日にイタリアのサンタアガタ・ボロネーゼにあるランボルギーニ本社においてファイナルラウンドが行われる。この最終戦はライブ配信される予定だ。

「Assetto Corsa Competizione」で使用可能なウラカンGT3 EVO

参加者に12種類の公式専用カラーリングを配布

Assetto Corsa Competizioneは、自動車メーカーと共同開発されたリアルレースシミュレーターゲーム。ゲーム内にはランボルギーニの最新レーシングカーが収められており、ランボルギーニ・スクアドラ・コルセのワークスドライバーたちが、実際の走行に向けて練習する際にも使用されている。

今回ランボルギーニは、デイトナ24時間レースで3回の優勝を果たしている「ウラカンGT3 EVO」を選手権に投入し、eスポーツをさらに盛り上げていく。

さらにランボルギーニのデザイン部門であるチェントロ・スティーレは、12種類のカスタマイズ可能な専用カラーリングを製作。その全てに長期に渡ってランボルギーニ・スクアドラ・コルセとパートナー関係を続ける、プルタミナ、ピレリ、ロジェ・デュブイのロゴマークが入れられている。

「Assetto Corsa Competizione」で使用可能なウラカンGT3 EVO

ドメニカリCEOも注目する eスポーツの盛り上がり

アウトモビリ・ランボルギーニのステファノ・ドメニカリCEOは、今回の試みについて以下のようにコメントした。

「シムレーシングは、若い世代が注目するeスポーツで急速に成長しているカテゴリーです。私も最新情報を常にチェックしています。今回はエキサイティングなバーチャルレーシングに、ランボルギーニとモータースポーツの魅力を融合させる絶好のチャンスです」

「eスポーツは、レース界のヒーローやトップドライバーに、誰でも勝負を挑める環境を生み出しています。この機会を通して、より多くの人たちが実際のレースにも関心を持っていただけるでしょう。ランボルギーニとしても、この新しいスポーツの世界に注力していきます」

ライブイベントのスタジオコメンテーターを務める元F1ドライバーのデイビッド・クルサードも、ランボルギーニの参戦に歓迎のコメントを残した。

「eスポーツの台頭には私も注目していました。レーシングゲームのリアルさ、多数のドライバーがレーシングシミュレーターを使って練習していること、スポーツのプロのプレイヤーがシミュレーションから現実の競技に移行していることには、ただただ驚かされます」

「The Real Raceは、現実の世界とプロフェッショナリズムを反映しています。シムレーシングにおけるスキルはリアルでも応用しやすいので、ランボルギーニはプレイヤーたちに実際のクルマを運転するチャンスを提供したいと考えたのでしょう。ランボルギーニを実際に運転する経験に匹敵するものはなかなかありませんからね」

「Assetto Corsa Competizione」で使用可能なウラカンGT3 EVO

9月18日のファイナルラウンドには12名が進出

ライブ開催されるトーナメント最終戦の上位名は、ランボルギーニの本拠地イタリアに3日間招待される。このレースウィークは、ランボルギーニ・スクアドラ・コルセのワークスドライバーたちと一緒にトレーニングへ参加し、実際のランボルギーニ製レーシングカーでサーキットを走行するチャンスも与えられる。

競技参加経験は不問で、参加登録は5月29日からスタート。予選は5月29 日から8月2日までの週末に5回開催される。第1・第5予選の上位3名と、第2・第3・第4回の予選上位2名のプレイヤーが、ベストドライバーを決定する9月18日のファイナルラウンドに挑むことになる。