DTMが2020年カレンダーのアップデート版を発表。第2戦にスパ・フランコルシャンを追加

 6月3日、DTMドイツ・ツーリングカー選手権は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により変更を余儀なくされた2020年カレンダーのアップデート版を発表した。7コースを使用し、全10ラウンド・20レースを開催する。

 DTMは新型コロナウイルスの影響により、開幕前のテストから中止を強いられてきたが、6月10日、新たなカレンダーを発表した。開幕戦は7月のノリスリンクで、第2戦には2005年以来の復活となるスパ・フランコルシャンが加えられることになった。強大なダウンフォースをもつクラス1マシンが、スパをいかに走るかは非常に気になるところだろう。

 第3戦はふたたびドイツに戻り、ラウジッツリンクで2週連続でレースを開催。第5戦には2019年にカレンダーに加わったアッセンが開催される。9月にはニュルブルクリンクでふたたび2週連続開催されるが、こちらはグランプリコースとショートコースで争われる。10月には、ベルギーのゾルダーで2週連続開催。最終戦の舞台は恒例のホッケンハイムとなる。

 DTMでは、6月にまずは公式テストを開催することになるが、DTMを主催するITR e.Vは、専門家とともに状況に対応した詳細な感染対策計画を立てた。これに加え、ドイツや開催国の最新の感染対策が加えられることになる。なお現段階では、DTMの基本計画としては無観客開催が前提だが、イベント会場周辺の状況が監視され、健康と安全上の問題がなかった場合、観衆を入れてのレースも考慮される。

 また、2020年から開催されるGT4車両を使った『DTMトロフィー』も6イベントでレースを行うとしている。

「この数週間、我慢に耐えてくれたファンに心から感謝したい。そしていま、豊富なアクションが期待できるレースカレンダーを発表できたことをうれしく思う」と語るのは、ITR代表のゲルハルト・ベルガー。

「非常に困難な状況のなか、関与しているすべての人々のハードワークのおかげで、待つだけの価値あるコンパクトなカレンダーを作成できたと思う」

2020年DTMドイツ・ツーリングカー選手権カレンダー(6/3)

Round Date Circuit Nationality
1 7月10〜12日 ノリスリンク ドイツ
2 8月1〜2日 スパ・フランコルシャン ベルギー
3 8月14〜16日 ラウジッツリンク ドイツ
4 8月21〜23日 ラウジッツリンク ドイツ
5 9月4〜6日 アッセン オランダ
6 9月11〜13日 ニュルブルクリンクGP ドイツ
7 9月18〜20日 ニュルブルクリンク・スプリント ドイツ
8 10月9〜11日 ゾルダー ベルギー
9 10月16〜18日 ゾルダー ベルギー
10 11月6〜8日 ホッケンハイム ドイツ