TCRオーストラリア:全6戦に縮小の2020年改訂版カレンダー発表。8月のシドニーで開幕

 TCRオーストラリア・シリーズを運営するARG(Australian Racing Group)は、同大陸の盟主であるVASCヴァージン・オーストラリア・スーパーカーと同様、2020年から2021年まで年跨ぎとなる全6戦の改訂版カレンダーを発表。開幕戦を8月のシドニー・モータースポーツパークとするスケジュールをアナウンスした。

 すでに複数回のイベント・キャンセルや延期が実施され、暫定的な開幕イベントを7月2~5日のモーガンパークとしていたシリーズだが、新型コロナウイルス(COVID-19)パンデミックが終息傾向にありながら7月のイベントも敢えなく中止となり、新たなシーズン幕開けを8月まで先延ばしにする判断が下された。

 奇しくも6月27~28日のシーズン再開を決めたVASC同様に、シドニーでの開幕となった今季は9月にサンダウンでの第2戦を開催。第3戦フィリップアイランドは10月のいずれかの週末での実施を調整している。

 さらに11月には、“聖地”バサーストで4日間にわたって催されるモータースポーツ・フェスティバルの一部として、再スケジュールされた『バサースト6時間』を含むスプリント戦を予定。このマウントパノラマでの初開催が予定されていたTCRの耐久レースは、2021年での仕切り直しが決まっている。

 そしてシーズン第5戦と最終戦は、ニューイヤー・ブレイクを挟んで2021年1月にタスマニア島内のシモンズプレインとバスカービル・レースウェイの2連戦でフィナーレを迎える。

 2年目のシーズン開幕は、ノンチャンピオンシップ戦としてTCRアジア・パシフィック・カップにも指定されたF1開幕戦オーストラリアGPとの併催で実施され、すでにアルバートパークでのプラクティス・セッションを走り始めていたが、大会会期中に中止が決まり、それ以後はどのシリーズも再開が見通せない厳しい時間を過ごして来た。

10月に移動したフィリップアイランドは週末の日程を調整中。タスマニア連戦ではGRM代表の人脈が活用された

「我々にとってもこれまでにない危機であり、世界中のモータースポーツへの影響は甚大だ」と改めて語るのは、ARGのCEOを務めるマット・ブレイド。

「現時点での総力を結集して、考えうる最高のスケジュールを組めたと思っている。新鮮な新しいサーキットでのイベントと凝縮されたスケジュールにより、ダイナミックなレースをお届けできるはずだ」

「また、タスマニア島での広域なネットワークとビジネス基盤を持つギャリー・ロジャース(Garry Rogers Motorsport代表)の尽力により、新規の2連戦を開催するため地元の関係者と粘り強い交渉をリードしてくれたことに、心からの感謝を捧げたい」

 この改訂版カレンダー策定により、TCRシリーズとともに“豪州史上最速”の異名をとるオープンホイールの『S5000』やトランザム・シリーズも、イベント内で共催される予定となる。

「これはARGと我々のチーム、ドライバー、スポンサーにとって重要な機会だ。TCRだけでなく、S5000やトランザムもタスマニア連戦デビューを果たすことになるんだからね」

「この延期期間中のサポートについて、各カテゴリーとそのチーム、ドライバー、スポンサーに改めて感謝したい。ときには困難で苛立たしい局面も経験したと思うが、その時期を乗り越えて真に卓越したカレンダーと一連のイベントがプロットできたと思っている」

サンダウンやバサーストなど、主要サーキットのいくつかは無事カレンダーに保持された

■TCRオーストラリア・シリーズ2020年改訂版カレンダー

Round Date Circuit
Rd.1 8月15~16日 シドニー・モータースポーツパーク
Rd.2 9月12~13日 サンダウン
Rd.3 10月TBA フィリップアイランド
Rd.4 11月12~15日 バサースト
Rd.5 2021年1月24~26日 シモンズプレイン
Rd.6 2021年1月30~31日 バスカービル・レースウェイ