本革シート、パノラミックサンルーフなど人気装備を満載した「SUV PEUGEOT 3008 CROSSCITY BlueHDi」【新車】

■力強い加速と低燃費が魅力の2Lクリーンディーゼルエンジン搭載車

プジョーは4007、日本未発売の4008などのSUVをリリースし、新世代のSUVとして現在はプジョー3008、5008をラインナップしています。

2020年6月1日、2列シートのミドルサイズSUVのプジョー3008に「SUV PEUGEOT 3008 CROSSCITY BlueHDi」を設定し、同日から発売を開始しました。

なお、同特別仕様車は、3列シートSUVの「SUV PEUGEOT 5008 CROSSCITY BlueHDi」にも設定されています。

プジョー 3008
プジョー3008の特別仕様車「SUV PEUGEOT 3008 CROSSCITY BlueHDi」

世界的なSUVブームの中、プジョー3008は日本におけるプジョーの販売で大きな貢献を果たしているモデルだそう。主な好評ポイントは「都会的で洗練されたスタイリング」「優れたユーティリティ」「先進安全装備の充実」「クリーンでパワフルな走り」「乗り心地の良さ」だそう。

●アルカンタラ&テップレザーシートを用意

「SUV PEUGEOT 3008 CROSSCITY BlueHDi」に搭載されるエンジンはプジョー3008のカタログモデルでも人気の2.0Lクリーンディーゼルで、組み合わされるトランスミッションは「EAT8」と呼ばれる8速AT。

プジョー 3008
「アルカンタラ&テップレザーシート」を標準装備

特別装備として悪路走破性を高めるアドバンスドグリップコントロール(ヒルディセントコントロール付)をはじめ、運転席電動シート&マルチポイントランバーサポート、フロントシートヒーター付のアルカンタラ&テップレザーシートを用意。

プジョー 3008
パノラミックサンルーフも標準化

さらに、グリーン系ステッチが配されたインテリアは、アルミペダル、フロントドアステップガード、ハンズフリー電動テールゲートなどが装備されています。カタログ仕様で高い人気を誇るオプションであるパノラミックサンルーフも標準化されています。

プジョーは伝統的に大型サンルーフが人気装備になっていますので、同装備はうれしいところ。

プジョー 3008
悪路走破性を高めるアドバンスドグリップコントロールを標準装備

そのほか、18インチアロイホイール (LOS ANGELES)、マッド&スノータイヤ、運転席メモリー付電動シート&マルチポイントランバーサポート、フロントシートヒーター、CROSSCITYコンパスロゴ(左右フロントフェンダーエンブレム/左右Bピラーリヤドア側ステッカー)、クロームドアミラー、フロントドアステップガード、フロアマットなどが用意されていて、特別仕様車らしい充実ぶりが目を惹きます。

「SUV PEUGEOT 3008 CROSSCITY BlueHDi」の価格は、479万9000円です。

(塚田勝弘)