人気のアルカンタラ&テップレザシートを備えた特別仕様車「SUV PEUGEOT 5008 CROSSCITY BlueHDi」が登場【新車】

■7列シートSUVの2.0Lクリーンディーゼルエンジン仕様

世界でSUVブームが拡大する中、日本における「プジョー」ブランドの販売を牽引するのは、プジョー5008・3008というSUVだそうです。

3列シートSUVのプジョー5008は、7人乗りの多人数乗車と最大で702Lという大容量の荷室容量を誇っています。

プジョー 5008
プジョー5008の特別仕様車「SUV PEUGEOT 5008 CROSSCITY BlueHDi」

そのプジョー5008に、特別仕様車の「SUV PEUGEOT 5008 CROSSCITY BlueHDi」が設定され、2020年6月1日に発売されました。

車名の先頭に「SUV」が付く同特別仕様車は、街中とオフロードでより上質な走りを楽しめるというコンセプトが盛り込まれ、機能と装備の充実化が図られています。

プジョー 5008
SUV PEUGEOT 5008 CROSSCITY BlueHDiのインテリア

搭載されるエンジンは、カタログモデルでも人気だという「DW10」型の2.0Lクリーンディーゼルエンジンで、8速ATが組み合わされています。

プジョー 5008
SUV PEUGEOT 5008 CROSSCITY BlueHDiの「アドバンスドグリップコントロール」

装備では、FFでありながらも高い悪路走破性を実現する「アドバンスドグリップコントロール(ヒルディセントコントロール付)」が加えられています。

グリーンのステッチが施されたインテリアには、アルカンタラ&テップレザーシート(運転席電動シート&マルチポイントランバーサポート、フロントシートヒーター付き)をはじめ、アルミペダル、フロントドアステップガード、パノラミックサンルーフが備わり、上質かつ快適な仕立てになっています。さらに、ハンズフリー電動テールゲートも用意されています。

プジョー 5008
オプションのパノラミックサンルーフを標準化

同特別仕様車のポイントは上質なシート。8速化された「5008 GT BlueHDi」時に導入された「ファーストクラスパッケージ」が販売の半数を超える支持を得ていることから、特別仕様車として設定することで高いニーズに応えるとしています。

「SUV PEUGEOT 5008 CROSSCITY BlueHDi」の価格は、504万9000円となっています。

(塚田勝弘)