ランドローバー、新ブランド・アンバサダーに女子プロゴルファーの原 英莉花選手を起用

ランドローバー、新ブランド・アンバサダーに女子プロゴルファーの原 英莉花選手を起用

成長著しい若手女子プロゴルファー

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ランドローバーの新ブランド・アンバサダーにプロゴルファーの原 英莉花選手を起用。新型ディフェンダーを提供し、2020年度のツアーに原選手は襟にランドローバーのロゴが入ったトップスウェアを着用して臨む。

原 英莉花選手は、2019年の日本ツアーで初優勝を果たした新進気鋭のプロゴルファーのひとりで、ダイナミックかつしなやかなゴルフスウィングなど、ランドローバーが掲げるブランド精神“ABOVE&BEYOND”を体現していることが起用の決めてになった。

ランドローバー、新ブランド・アンバサダーに女子プロゴルファーの原 英莉花選手を起用

ランドローバーの新ブランド・アンバサダー就任にあたり、原選手は次のようにコメントする。

「ランドローバーの新ブランド・アンバサダーに就任でき、とても嬉しく思います。発表直後から注目を浴び、今後のランドローバー・ブランドの成長を担う新型『ディフェンダー』のように、私も今後のゴルフ界を引っ張っていけるような存在になりたいです。またブランド・アンバサダーとして、多くの方にランドローバーが高みを目指す姿やその魅力をお伝えしていきたいです」

ジャガー・ランドローバー・ジャパンはゴルフツアーの協賛やオーナー向けゴルフ・トーナメントの開催など、これまでにもゴルフに注力した活動を積極的に行ってきた。2017年からは上田桃子選手(ブランド:ジャガー、ロゴ掲出場所:トップスウェアの襟)、木戸 愛選手(ブランド:ジャガー、ロゴ掲出場所:キャップ・バイザー)、藤田寛之選手(ブランド:ランドローバー、ロゴ掲出場所:トップスウェアの襟)とブランド・アンバサダー契約を結んでいる。

今回新たに原選手をブランド・アンバサダーに迎え、ゴルフとの関わりをより強化していくと共に、ランドローバーのブランド認知拡大を図り様々なシーンで選手や生涯スポーツであるゴルフをサポートしていく。