メルセデスF1撤退報道を受け、親会社ダイムラーが声明。アストンマーティンへの売却およびウォルフ代表辞任説を否定

 ダイムラーがメルセデスF1チームをアストンマーティンのオーナー、ローレンス・ストロールに売却する計画を進めているという報道がなされたが、ダイムラーはそれを否定する声明を発表した。

『Auto Bild』と『F1insider.com』は、5月28日の記事で、チーム代表トト・ウォルフが2020年末の契約満了に伴いそのポジションから退くと伝えた。ウォルフは現在保有するメルセデスチームの株式30パーセントを維持、親しい友人であるストロールはダイムラーからメルセデスチームの株式を取得して、チームの買収を行う計画であるという。

メルセデスF1チーム代表トト・ウォルフ
メルセデスF1チーム代表トト・ウォルフ

 これによりメルセデスはワークスチームとしての活動を終了し、パワーユニット(エンジン/PU)サプライヤーとしてF1に残るのではないかという推測がなされている。“元”メルセデスワークスチームがアストンマーティンとして活動する場合、レーシングポイントが、そこに吸収されるのか、Bチームとして活動するのか、売却されるのかは不明であると、『Auto Bild』と『F1insider.com』の記者は記している。

 しかしこの報道にダイムラーがすぐさま反応、内容を全面的に否定した。『The Sun』は、ダイムラーのスポークスパーソンが以下のようにコメントしたと報じている。

「F1から撤退する可能性についての推測は、依然として事実無根で信頼できないものです」

「F1はCovid-19パンデミックの影響と将来の財政的持続可能性に対処するため、適切な措置を取っています。これらの措置を私たちは歓迎します」

「メルセデス・ベンツ・ワークスチームとして今後もF1に参戦し続け、マネージングパートナーのトト・ウォルフとともにそれを実行するという明確な意志を、私たちは持っています」