「トヨタレーシング部門の技術も投入」GRスープラを覚醒させるアクラポヴィッチのエキゾーストが本気すぎる!

「トヨタレーシング部門の技術も投入」GRスープラを覚醒させるアクラポヴィッチのエキゾーストが本気すぎる!

リヤピースのみで純正比マイナス6.1キロを実現

名門アクラポヴィッチが放つGRスープラ用マフラーの全て

トヨタのレーシング部門である“TMG(Toyota Motorsport GmbH)”とタッグを組み、GRスープラのレース車両(ニュル参戦車両やFIA-GT4レーシングカー)にエキゾーストシステムを供給する“アクラポヴィッチ”。

そんな世界最高峰のマフラーメーカーが放つ、GRスープラ市販モデル用のエキゾーストシステムが今回の主役だ。

スリップオン・ライン(46万円)と呼ばれる、リヤピース交換型のマフラーは、欧州規格であるeマーク取得済み。全域でのパワーとトルクアップを実現しながら、純正比マイナス6.1kgを実現するフルチタンモデルだ。

加工が難しいチタン素材にも関わらず、アクラポヴィッチのロゴ入りテールエンドは複雑な2重構造を採用。インナーには特殊な焼入れ加工まで行われており、一目見ただけで技術力の高さをうかがい知ることができる。

スリップオン・ラインにオプション設定されているのが、このエボリューションリンクパイプ(16万8000円)と呼ばれるセンターパイプ。パワー&トルクのアップはもちろん、官能的なサウンドも実現する。

究極のエキゾースト環境を実現するスポーツ触媒付きのダウンパイプ(31万7000)もラインナップ。スリップオン・ライン、エボリューションリンクパイプ専用品で、GRスープラの潜在能力を引き出すための重要パーツだ。

さらに、純正のバルブコントロールシステムに割り込ませて使用するサウンドキット(7万2000円)も製品化。これにより、バルブの開閉を任意で調整することが出来るようになるのだ。

対応はRZグレード。GRスープラのプレミアム性を崩すことなく、高い機能性とプレミアム性プラスする究極系エキゾーストシステム、オーナーには大注目のパーツと言えよう。

●問い合わせ:橋本コーポレーション TEL:075-761-7351