後部座席もゆったり。ジャガーXF改良型、初のロングバージョンをキャッチ!

■最高出力400psを発揮する3.0直6マイルドハイブリッドが目玉に

ジャガーは現在、欧州Eセグメントモデル「XF」の改良型を開発していますが、初のLWB(ロングホイールベース)仕様が設定されることが確実となりました。

ジャガー XF_004
ジャガー XF LWB 市販型プロトタイプ

初代XFは、2007年のフランクフルトモーターショーで初披露された後、2009年に「Sタイプ」後継モデルとして発売されました。

現行モデルとなる2代目は2015年に登場。全長を10mm長く、全高を5mm低くした上で、ホイールベースを50mm延長し居住空間が向上しました。現在、4ドアセダン、エステートがラインアップされていますが、LWBは初設定となります。

ジャガー XF_008
ジャガー XF LWB 市販型プロトタイプ

捉えたプロトタイプは、明らかに後部ドアが長く、5.9インチ(15センチ)ホイールベースが長くなるといいます。改良型では、セダン同様に再設計されたバンパーを装備、ヘッドライトのグラフィック、グリル、トランクリッドなどがリフレッシュされるほか、新しいホイールやボディカラーが設定されます。

ジャガー XF_006
ジャガー XF LWB 市販型プロトタイプ

キャビン内では、HVACシステムを備えるセカンドスクリーン、アップデートされたインフォテイメントとインストルメントクラスタ、新デザインのステアリングホイールなどを装備。また室内装色品やトリムオプションも刷新されると予想されています。

パワートレインは、最高出力200ps、250ps、300psを発揮する2.0リットル直列4気筒「インジニウム」ガソリンターボエンジンがラインアップされるほか、欧州の厳しい規制をクリアするディーゼルエンジをラインアップ。

注目は最高出力400ps・最大トルク550Nmを発揮する3.0リットル直列6気筒を搭載するマイルドハイブリッドです。

改良型のデビューは、2020年後半と予想され、メルセデス・ベンツ「Eクラス」をはじめBMW「5シリーズ」、アウディ「A6」、ボルボ「S90」らと市場で戦うことになるでしょう。

(APOLLO)