ニュル24時間耐久レースをオンラインで楽しむ「e-Nurburgring Race」配信決定!

ニュル24時間耐久レースをオンラインで楽しむ「e-Nurburgring Race」配信決定!

TGRとスバルによるメーカーの枠を超えたコラボイベント

TOYOTA GAZOO Racing(TGR)とスバルは、5月24日(日)にオンラインイベント「e-Nurburgring Race」を共催する。昨年のニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦したRACING PROJECT BANDOHとKONDO RACINGも参加し、オールジャパンでイベントを盛り上げる。

ニュルブルクリンク24時間レースは、世界一過酷なコースと言われるドイツ中部のニュルブルクリンク・サーキットで毎年5月頃に開催。レースには200台近くが世界各国から参戦し、日本からも多くのメーカーやチームが挑戦している。今年の第48回大会は5月23〜24日(土・日)に決勝レースが開催される予定だったが、開催延期が発表されていた。

社員メカニック・エンジニアによるTGRのニュル24時間参戦

「グランツーリスモSPORT」での特別レースも

今回、共に過酷なレースへ挑み続けるスバルとTGRがメーカーの垣根を越えてイベント開催を実現。毎年レースが開催されるこの時期に、ニュルブルクリンク24時間レースをはじめとするモータースポーツの魅力や、ニュル挑戦への想いをひとりでも多くのファンに届けたいという共通の想いから、自宅から参加できるオンラインイベント「e-Nurburgring Race」の開催が決定した。

イベントは「e-Motorsports Studio supported by TGR」を活用して、出演者は自宅などからリモート参加し、PlayStation4用ソフトウェア「グランツーリスモSPORT」を使用した特別レギュレーションでのレース、さらにドライバートークを中心とした3時間のライブ配信となる。

チャット機能を通じて視聴者からのメッセージ投稿や出演者への質問も受け付けており、リアルタイムでの交流を楽しむことができる。

TGRは2007年からトヨタ社員自らが製作したレース車両で、社員メカニック・エンジニアで構成するチームによりニュル24時間レースに参戦している。ニュル24時間レースはTGRの「もっといいクルマづくり」の原点であり、ニュルへの挑戦をはじめ、モータースポーツを通じて人とクルマを鍛え、市販車開発につながる活動を追求している。

【イベント概要】

e-Nurburgring Race

開催日時:2020年5月24日(日)14:00〜17:00

配信形態:スバルとTGRの公式YouTubeチャンネルでライブ配信

参加ドライバー:井口卓人、山内英輝、石浦宏明、佐々木雅弘、大嶋和也、蒲生尚弥、吉本大樹、 松田次生、高星明誠
ゲスト:辰己英治(STI総監督)
実況・MC:勝又智也
解説:坂東正敬、松田晃司、脇阪寿一