チームとファンの橋渡し役に。アップガレージの通販サイト『Croooober』でレース用品の取扱開始

 日本最大級の中古カー&バイク用品店『UP GARAGE』を展開するアップガレージは5月22日、同社が運営するECサイト『Croooober(クルーバー)』で、実際のレースに使用されたモータースポーツ用品の限定販売を開始すると発表した。

 この限定販売は新型コロナウイルス感染症によって引き起こされたレースやイベントの相次ぐ延期、中止の影響をうけて痛手を負ったモータースポーツ界を応援しようと、スーパーGT GT300クラスに参戦しているTEAM UPGARAGEの母体であるアップガレージが始めたもの。

 これまで、あまり市場に出回ることのなかったレース用品を取り扱うことで出品するレーシングチームを支援し、同時にモータースポーツファンには実際のレースで使われたウェアやホイールといったレアグッズを購入する機会を提供する。これによって両者の橋渡し役を担い、結果的にモータースポーツ界を応援することにつながるとしている。

 また、アップガレージでは今回の限定販売をスタートさせるにあたって、モータースポーツ事業者がCrooooberで商品を販売した場合の手数料を加入日から2020年8月31日まで無料とすることをアナウンス。チームやガレージなどが商品をより出品しやすい環境を提供する。

 なお、現在は第1弾としてTEAM UPGARAGEグッズが出品されているが今後、他チームのグッズも続々登場予定であるという。特設サイトはこちら(https://www.croooober.com/static/mortorsports-special-01/)から。