TOYOTA GAZOO Racing、ニュル24時間耐久レースへの参加見送りを発表

TOYOTA GAZOO Racing、ニュル24時間耐久レースへの参加見送りを発表

2020年度のニュル24時間を見送り、2021年度参戦に向け始動

TOYOTA GAZOO Racing(以下、TGR)は、2020年9月24〜27日に開催を予定している第48回ニュルブルクリンク24時間耐久レース(以下、ニュル24時間レース)への参戦見送りを発表した。

TGRは2007年から13年連続でニュル24時間レースに参戦し、トヨタ自動車の社員メカニック・エンジニアが自ら製作したレース車両「レクサス LC」で2020年度も参戦を予定していた。しかし世界的な新型コロナウイルス感染拡大によってチームメンバーの渡航制限や現地でのテスト走行自粛が重なり、現状でのレース参戦は困難であると判断。2020年度のニュル24時間レース参戦を見送って2021年度の参戦に向けシフトしていく。

ニュル24時間レースにおけるTGRの参戦は「もっといいクルマづくり」の一環であり、今年度は初投入のエンジンと周辺技術の導入を予定していたものの、極めて過酷な24時間レースに向けては入念な準備やテストが不可欠であり、参画する多くの社員及び関係者の安全確保の観点からも参戦を断念した。なお、5月24日の14:00〜17:00にかけて、スバルと共催となるオンラインイベント「e-Nurburgring Race」を実施し、オールジャパンでモータースポーツの魅力やニュル24時間レース挑戦への想いを視聴者に届けていく。

今回の発表に伴い、トヨタ自動車の豊田章男社長は以下のように語る。

「先日、ニュルに住む友人から、今年も変わらず綺麗な花を咲かせた“ニュルの桜”の写真が送られてきました。毎年、その桜の前でチームも私も安全を祈り“もっといいクルマづくり”を誓ってレースに臨んでおりました。今年はそれを出来ず、残念で仕方ありません。遠く離れた日本からではありましたが、その写真を見ながらこの逆境の中でも“もっといいクルマづくり”を続けていくことだけは誓いました」

「本年は参戦を見送ることになりましたが、社員メカニック、社員エンジニア、そしてプロドライバー、サプライヤー、スポンサーパートナーの皆様と共に、“もっといいクルマづくり”の挑戦は続けてまいります。ファンの皆さまにも、引き続き我々の活動を見守っていただき、そして応援していただければと思います」