『ニッサンGT-R 50』の市販モデルが初公開。ニスモのハンドビルドV6を搭載し720馬力を発揮

 5月20日、イタリアの名門デザイン会社『イタルデザイン』は、日産自動車と共同開発した『Nissan GT-R 50 by Italdesign(ニッサンGT-R50・バイ・イタルデザイン)』の市販モデルを初公開した。

 ニッサンとイタルデザインが共同開発したニッサンGT-R50・バイ・イタルデザインは、2019年にニッサンGT-Rが50周年を迎えたことと、イタリアの名門デザイン工房が2018年に誕生から50周年を迎えたことを記念し、“何の制約もなくGT-Rをつくったらどうなるだろう”という発想から製作されたスペシャルモデル。

 同モデルは最新のGT-Rニスモがベースとされ、2018年にプロトタイプが初公開された。内外装のデザインはヨーロッパとアメリカのニッサンデザインチームが担当し、開発、設計、製造はイタルデザインが担っている。

 そんなニッサンGT-R50・バイ・イタルデザインの市販モデルがイタリアのタツィオ・ヌヴォラーリ・サーキットで初公開された。初代モデルの『セレブレーション・エディション』は世界限定50台で発売され、クルマの静的・動的テストはほぼ終了しており、最初の車両は2020年後半から2021年初頭に納車される予定だ。

ニッサンGT-R 50・バイ・イタルデザイン
ニッサンGT-R 50・バイ・イタルデザイン
ニッサンGT-R 50・バイ・イタルデザイン
ニッサンGT-R 50・バイ・イタルデザイン
ニッサンGT-R 50・バイ・イタルデザイン
ニッサンGT-R 50・バイ・イタルデザイン

 そのフロントボンネット内には、ニッサンのモータースポーツ部門であるニスモがチューニングし、ハンドビルドで組み上げた3.8リッターツインターボのV6エンジン“VR38DETT”が搭載され、最高出力は実に720馬力を発揮する。

 そして、購入者は自分の好きなボディカラーやインテリアカラーの組み合わせを選択することができ、このカスタマイズによりコレクターたちにとってさらに魅力的なモデルとなるという。

 イタルデザインのCEOであるヨルグ・アスタロッシュは、「(新型コロナウイルスの影響で)誰にとっても非常に困難な数週間を経て、今日は非常に特別な日になった」と市販モデル公開の喜びを語った。

 また、ニッサンのグローバルモータースポーツダイレクターで、スポーツカー部門のプログラムディレクターも務めるマイケル・カルカモはニッサンGT-R50・バイ・イタルデザインについて、「彼ら(イタルデザイン)のニッサンGT-R50での経験は信じられないほどのもので、クルマの良さを肌で感じることができる。ニッサンGT-R50が傑作になることは間違いない」とコメントしている。

 なお、このニッサンGT-R50・バイ・イタルデザインは世界限定50台ながら、残りのモデルの予約はまだ受付中だ。車両価格は公表されていないが、ご興味のある方はニッサンの公式サイト(https://www.gt-r50.nissan/#/jp)、またはイタルデザインまで直接お問い合わせを。

ニッサンGT-R 50・バイ・イタルデザイン:フロントビュー
ニッサンGT-R 50・バイ・イタルデザイン:フロントビュー
ニッサンGT-R 50・バイ・イタルデザイン:サイドビュー
ニッサンGT-R 50・バイ・イタルデザイン:サイドビュー
ニッサンGT-R 50・バイ・イタルデザイン:右リヤビュー
ニッサンGT-R 50・バイ・イタルデザイン:右リヤビュー
ニッサンGT-R 50・バイ・イタルデザイン:左リヤビュー
ニッサンGT-R 50・バイ・イタルデザイン:左リヤビュー
アルカンターラやカーボン素材が使用されたニッサンGT-R 50・バイ・イタルデザインのインテリア
アルカンターラやカーボン素材が使用されたニッサンGT-R 50・バイ・イタルデザインのインテリア