VWを走らせてきたTeamwork Motorsport、TCRアジアとチャイナでLynk&Co 03を初投入

 中国を拠点とするTeamwork Motorsportは、同国のマニュファクチャラーである吉利汽車集団(ジーリー)モータースポーツ・グループから3台の『Lynk&Co 03 TCR』を購入したことをアナウンスし、TCRアジア、そして国内選手権のチャイナ・シリーズに同マシンを投入する最初のチームとなることが発表された。

 このTeamwork MotorsportはCTCCチャイナ・ツーリングカー・チャンピオンシップでは長安フォードFRDチームの運営母体としても活動し、TCR系シリーズでは元WTCC世界ツーリングカー選手権王者のロブ・ハフと共同でTeamwork Huff Motorsportを設立。TCR UKやマレーシア・シリーズでフォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCRなどを走らせてきた。

 すでに今季のマレーシアではハフのプログラムで、新たに元WTCR世界ツーリングカー・カップ車両だったチームWRTのアウディRS3 LMSを導入している同チームだが、さらなる潜在的プログラムとしてLynk&Co 03 TCRを入手し、WTCR以外で同マシンを走らせる初のカスタマー系チームとなった。

 3台の車両はすでに広東省のファクトリーにデリバリーを終えており、終息に向かいつつある新型コロナウイルス(COVID-19)パンデミックの活動制限に対応し、近々にも許可されるトラックテストの実施に向け準備が進められている。

「昨年のWTCRでLynk&Co 03 TCRが世界に披露したオールラウンドなパフォーマンスは素晴らしく、我々の選択を容易にした」と語るのは、チーム代表のポール・フゥイ。

「この中国ブランド初のカスタマーレーシングプログラムを、中国のチームとして担うことができるのを本当に光栄に思う。ジーリー・グループ・モータースポーツやLynk&Coとサーキットで協力するのみならず、中国のファンからも絶大な支持とサポートを得ている。強力なシーズンが戦えることを楽しみにしている」

 そのジーリー・グループ・モータースポーツでカスタマーレーシング部門ディレクターを務めるロン・ハルテヴェルトは、成功裏に終えたWTCRでのデビューシーズンを経て、2020年のTeamwork Motorsportも「シリーズのフロントランナーとして活躍できると確信している」と意欲を見せた。

Teamwork Motorsportにはすでに3台の『Lynk&Co 03 TCR』が納入され、テストに向け準備が進められている
CTCCでは長安フォードFRDチームとして活動し、最新世代のフォード・フォーカスCTCCを走らせる
「2019年WTCRでの活躍が、我々の選択を容易にした」と語るチーム代表のポール・フゥイ

「すでに説明する必要もないことだが、彼らTeamwork Motorsportは中国やアジア地域で最高のツーリングカーチームのひとつであることを証明してきた。そんな彼らがアジアでの最初のカスタマーとして、我々のLynk&Co 03 TCRを選択してくれたことをうれしく思っている」と続けたハルテヴェルト。

「彼らがこれまでに蓄積してきた各国シリーズや地域選手権、そして耐久シーンでの経験とマカオなどでの成功実績を継続し、Lynk&Co 03 TCRの潜在能力を充分に引き出してくれるものと確信している」

■TCRチャイナは2度のスケジュール変更を経て7月に株洲で開幕

 そのTeamwork Motorsportが主戦場と定めるTCRチャイナ・シリーズのプロモーターは、CTCCのカレンダー改訂に併せて2020年2度目のチャンピオンシップスケジュール修正版を発表。

 5月と6月に開催予定だった広東国際サーキットと、最新の浙江インターナショナルサーキット戦がキャンセルされ、7月18~19日の株洲国際サーキットで開幕を迎える。

 カレンダーは全6戦を予定し、8月は浙江省とオルドス、9月に上海と寧波でのイベントを経て、10月24〜25日に2度目の株洲国際サーキットでシーズンフィナーレを迎える。

 一方、スイスを拠点とするVuković Motorsportは、2020年に向けてアップデートされたルノー・メガーヌR.S.TCRを発表し、新たに“EVO”の呼称を与えた。

 この改良型ルノー・メガーヌR.S.EVO TCRは、ルノーの最新シリーズとなるTCe世代のエンジンに換装され、ボディ全体のエアロ形状見直しとサスペンションの改良、そして新型のトランスミッションを備える。

 チームとしてシリーズにも参戦するVuković Motorsportは、その成果を「より軽量に、より速く」なったと謳っており、2020年は2台体制でTCRヨーロッパ・シリーズへの参戦を表明している。

3台の『Lynk&Co 03 TCR』は、TCRアジアと国内選手権のチャイナ・シリーズに参戦する計画だ
Vuković Motorsportが開発したアップデートモデルの『ルノー・メガーヌR.S.EVO TCR』
この改良型で、2020年は2台体制でTCRヨーロッパ・シリーズへの参戦を表明している