発売と同時に完売の新型「BMW M2 CS」は、ベース車から40PS向上のモンスターFRコンパクト【新車】

■ボンネットやルーフ、フロントスプリッターなどにCFRPを使い、軽量化を敢行

日本でも扱いやすいコンパクトサイズのFRスポーツである、BMW M2。2020年4月6日、新型「BMW M2 CS」を日本全国60台限定で導入すると発表しました。

ただし、今回導入される60台は、残念ながら納入先が決まっていて、既に完売しているとのこと。ボディサイズは、全長4475×全幅1870×全高1415mmで、ホイールベースは2695mm。車両重量は1580kg。「BMW M2 CS DCT」は1600kgです。

BMW M2 CS
新型「BMW M2 CS」のフロントビュー

新型「BMW M2 CS」は、「BMW M2 Competition」から最大出力をさらに40PS向上させ、最高出力450PS(331kW)/6250rpm・最大トルク550Nm/2350rpm-5500rpmを発揮する3.0L直列6気筒Mツインパワー・ターボエンジンを搭載。

BMW M2 CS
3.0L直列6気筒Mツインパワー・ターボエンジンを搭載し、ベース車から40PS向上が図られている

ダンパーとスタビライザーの特性をサーキット走行に適応させた「アダプティブMサスペンション」や、電子制御式多板クラッチにより、走行状態に応じてパワーを左右リヤホイール間で最適配分する「アクティブMディファレンシャル」が標準装備されます。サーキットでのアグレッシブな走行時であっても、エンジンの性能を最大限路面へ伝達しながら、高い操縦安定性を発揮するそう。

さらに、軽量化も盛り込まれています。走りを磨き上げるべく、ボンネットやルーフ、フロントスプリッター、リヤスポイラーやリヤディフューザーに、カーボンファイバー強化樹脂(CFRP)を採用。ルーフには、CFRPを使ったサンドイッチ構造を取り入れることで、キャビンの遮音性およびボディの剛性が引き上げられています。

BMW M2 CS
「BMW M2 CS」のリヤビュー

CFRP製ボンネットの中央には、大きな空気の流入口であるエアベントが配されていて、高性能モデルにふさわしい存在感あるデザインを実現。同時に、ボディ周辺や下部の効率的な空気の流れを生み出すことで、エンジンの冷却や、前輪にかかるダウンフォースを高め、空気抵抗の最適化も図られています。なお、カタログモデルの「M2 Competition(M DCT Drivelogic)」は1630kgですので、DCT仕様の比較で「BMW M2 CS」は、30kg軽量化されています。

BMW M2 CS
BMW M2 CSのボンネット

インテリアには、アルカンターラの「Mスポーツステアリングホイール」や、カーボンドアハンドル、カーボンセンターコンソールが装備され、シートには「M2」の照明付きエンブレムが装備された「M Competition」スポーツシートが採用されています。発表と同時に完売していますが、価格は「BMW M2 CS MT」が12,600,000円、「BMW M2 CS DCT」が12,850,000円です。

BMW M2 CS
「BMW M2 CS」のフロントシート

(塚田勝弘)