フォルクスワーゲン、新型コロナ対策のフェイスシールドを3Dプリントで生産開始

フォルクスワーゲン、新型コロナ対策のフェイスシールドを3Dプリントで生産開始

グループ総出でフェイスシールドのパーツを生産

フォルクスワーゲングループは、新型コロナウイルスの感染予防に寄与するフェイスシールドホルダーの生産を開始した。今回の施策は、エアバスと約250社が参画する3Dプリントネットワーク「Mobility Goes Additive」との合同多国籍イニシアチブの一環であり、生産されたフェイスシールドホルダーはスペイン当局の要請に応えてエアバスによりマドリッドへ送られる。

フォルクスワーゲンは3Dプリンタでフェイスシールドを生産、3Dプリンタ

50台を超える3Dプリンタを稼働

このフェイスシールドは透明なプラスチックフィルムによって顔全体を覆うもので、フォルクスワーゲングループが今回生産するのはフィルムを固定するホルダー部分。これらの生産はウォルフスブルグやインゴルシュタットの大規模な3Dプリントセンターだけでなく、アウディ、ベントレー、ブガッティ、MAN トラック&バス、ポルシェ、フォルクスワーゲン乗用車、フォルクスワーゲン商用車、フォルクスワーゲングループ コンポーネント、フォルクスワーゲンモータースポーツの他の工場でも行われており、様々な工場で50台を超える3Dプリンタが稼働している。

同時にグループ内のランボルギーニ、セアト、シュコダ、フォルクスワーゲン乗用車では他の医療用品の生産にも着手。フォルクスワーゲン ナバラ(スペイン)は既にナバラ州政府にフェイスシールドを約1000枚寄贈し、シュコダはプラハ工科大学と協力して再利用可能なFFP3マスクを製造するための3Dプリントプロセスを開発。

フォルクスワーゲンは3Dプリンタでフェイスシールドを生産、3Dプリンタ生産現場

また、ランボルギーニはサンタアガタの生産施設の一部を改造してサージカルマスクとプレキシガラス製の保護シールドを生産している。セアトは正式な承認待ちながらもマルトレルで組み立てられる人工呼吸器の製造や、様々なモデルのフェイスマスク生産を含むいくつかのイニシアチブに共同で取り組む。

フォルクスワーゲングループ内では30人以上の専門家からなるタスクフォースが3Dプリントのコーディネーションを行っており、フォルクスワーゲングループのデジタルイノベーション責任者であるゲロ・コルマンは「私たちは仕様、材料、プリントのソフトウェア及びグループ内での人材の配置を調整します」と語る。

フォルクスワーゲンは3Dプリンタでフェイスシールドを生産、3Dプリンタ生産現場

総額4000万ユーロ相当の医療用品を寄付

現在までにフォルクスワーゲンはドイツの公衆衛生システムに数十万の医療用フェイスマスクを寄付しているが、グループとして今後は総額約4000万ユーロ相当にのぼるフェイスマスクや防護服などの医療用品を医療センターや病院に寄付していく予定。

これらの施策はドイツの医療制度が機能維持するための貢献であり、グローバル企業として国際的なサプライヤーと物流ネットワークを利用して医療機器と消耗品の調達をサポートしていく。