【ブログ】全日本ロード鈴鹿テスト 新型ホンダCBR1000RR-Rの細部を覗く/“ヘンタイ”カメラマン現地情報

 レース界のマニアック“ヘンタイ”カメラマンこと鈴木紳平がお届けする全日本ロードレース選手権ブログ。今回は、3月25~26日に行われた全日本ロードレース選手権の鈴鹿合同テストに初登場した2020年型の新型マシン、ホンダCBR1000RR-Rに迫ります。

ーーーーーーーーーー

満を持して投入されるホンダCBR1000RR-R。国内では全日本ロードレース選手権、鈴鹿8時間耐久ロードレースの制覇が至上命題。その全日本ロードではTEAM HRCが撤退しワークス不在。初勝利は水野涼か清成龍一か渡辺一馬か秋吉耕佑かそれとも濱原颯道か。そしてHRCと高橋巧の鈴鹿8耐の行方は。マシン開発から目が離せないシーズンとなる。

ホンダCBR1000RR-Rの全体像。熱交換器の小ささ、集合部からサイレンサーまでの排気管が目を引く。

メーターマウント部もシンプル。今年から吸気はセンターに集約された。

メーターはシンプル。16000回転まで刻まれているようだ。

スイングアームとリヤブレーキ。スイングアームのアップデートは今シーズン中は無いかもとの事。それだけの完成度という事か。

25号車 鈴鹿レーシングは独自のスイングアームを投入。鈴鹿8耐に向け熟成を進める。

ドライカーボンとケプラーのハイブリッド構造のカウル。空力が重要視される昨今、造形の維持と軽量化は必然。

SHORAI製のリチウムバッテリーをこの位置へ搭載。ECUはさらに深く低い位置へ搭載か。