イギリス・ツーリングカー『BTCC』、第5戦までの延期を発表。シーズン開幕は6月末以降に

 BTCCイギリス・ツーリングカー選手権は、全英の競技活動を統括するモータースポーツUKが発表した「すべての競技カテゴリーでのイベントを、少なくとも6月末まで延期・中断する」との決定を受け、先日アナウンスした開幕3戦に続き、第4戦のスラクストン、第5戦オールトンパークも延期することを決めた。

 世界的に拡散を続ける新型コロナウイルス(COVID-19)だが、その影響は日を追うごとに拡大し、モータースポーツ界のみならず日常生活にも甚大な影響と制限をおよぼす形となっている。

 3月中旬にイギリス政府が「大規模スポーツイベントへの救急救命支援の撤回」を発表して以降、それまで「オンスケジュールでの開幕」を宣言していたBTCCも急きょ、開幕3戦のレースを断念する事態となっていた。

 その際、社会活動による人々の接触をできる限り回避するべく不要不急の外出を控えるようにとの通達も出されたが、これに対応する形で国内のすべてのイベント・オーガナイザーに対しても、事実上4月末までの期間に予定されていたレース開催を自粛または延期するよう要請が出された。

 その動きに加え、イギリスのボリス・ジョンソン首相が下した最新の判断では、当初感染者数が欧州域内でも比較的少なく推移していたコロナウイルスの患者数が、欧州大陸と海を隔てた同国でも急増の兆候を示しており、「目下の都市部以外でも(パンデミックは)差し迫った脅威となりつつある」との見解を示し、3月23日にはイギリス全土に外出禁止要請を出す「ロックダウン」を宣言した。

 その結果、同国の競技活動を統括するモータースポーツUKはレース開催自粛期間のさらなる延長を決め、その期間を「6月末まで」と定めた。これにより、BTCCでは5月16~17日のスラクストン、6月13~14日のオールトンパークが延期されることに決まった。

感染状況の拡大に対応する形で、モータースポーツUKはレース開催自粛期間のさらなる延長を決定した
BTCCを運営するTOCAも「状況を注視しつつ、日程の再調整を図りたい」としている

 これで実質上の開幕戦は、2020年カレンダー上の7月25~26日の週末に予定されるスネッタートンでシーズンを始めることが想定されるが、その実現も世界的に現在進行中のパンデミックがどのような推移を見せるかにかかっている。

 モータースポーツUKのチェアマンを務めるプロドライブ代表のデビッド・リチャーズは、今回の決定に際して次のようにコメントしている。

「モータースポーツUKは、このような国家的緊急事態が発生したときにも、重要な役割を担う国家構成員としての自覚を持っている。NHS(イギリスの国営医療サービス事業)の保護と、その最終目的である国民全員の命と健康を守るべく我々全員が役割を果たし、今は自宅に待機することを厳守するようすべてのコミュニティに伝えたい」

「今日、政府は国民全員に対し最低3週間のロックダウンを要請したが、現実社会に目を向けて肉体的に弱い立場に置かれていたり、基礎疾患を抱えている人々のことを思えば、現実的には3カ月の隔離期間を設けてもいいぐらいだ」

「だからこそ、我々モータースポーツUKは自発的に政府要請よりもさらに長い中断期間を設けた。それこそが、私たちスポーツにとって最も責任ある行動指針だったことは明らかだ」

「ここまでの経緯を振り返ってみれば、我々のモータースポーツ活動にとっても、短いながら重要な活動休止期間になるが、ことの影響を織り込んで今後の見通しを立てなくてはならない。今は全員が一致団結し、このウイルスとの戦いを支援し、より大きな公共コミュニティの一員として人々の命を救うために集中する必要がある」

唯一のプレシーズンテストは、3月17日に急遽無観客としながらも実施することができた
「今は国民全員の命と健康を守るとき」と語ったデビッド・リチャーズ