SBK:ハスラム「専門家の言うことに耳を傾け、安全に過ごすためにできることをするよ」/TEAM HRCインタビュー(2)

 スーパーバイク世界選手権(SBK)は、2月28日から3月1日にかけて行われた開幕戦オーストラリアを予定通り終えることができた。2月末はまだ新型コロナウイルスによる流行の拡大を止めるための手段が講じられる前だったのだ。

 2020年シーズンからワークスとしてSBKに復帰したTEAM HRCは、2019年シーズンにドゥカティでランキング2位となったアルバロ・バウティスタとカワサキから参戦していたレオン・ハスラムを起用。

 新チームで開幕戦を戦ったバウティスタとハスラムが第1戦の振り返りと、新型コロナウイルスの流行により、各国で外出禁止や自粛が求められる現在の状況にどう対処しているかを語った。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

■レオン・ハスラム(TEAM HRC)インタビュー

――この時期のあなたの生活はどのようなものですか?

ハスラム:コロナウイルスは僕にとって少々奇妙なものだ。僕はイタリアとヨーロッパに友人がたくさんいるが、彼らは多大な影響を受けている。イギリスでも事態はさらに深刻になってきている。学校は徐々に閉鎖され、新たな規則が導入されている。

 僕にとっては、日々何が起きるのかがいっそう不確実であることが大きい。僕たちにできることは専門家の言うことに耳を傾け、安全に過ごすためにできることをし、家族たちを思うことだけだ。毎日を大切にするように努力する必要があるね。

――世界クラスのプロのアスリートにとって、トレーニングと心理面の準備は非常に重要です。レーストラックへ戻るのを待つ間に、少しでも身体やメンタルの準備の方法を変えましたか?

ハスラム:僕には優れたトレーナーがいて、毎日会っているよ。通常僕はトレイル、長距離走、もしくはモトクロスを週に3回から4回やる。もちろん今は旅行が難しくなっている。通常はバルセロナに行ってフラットトラックや、友人たちの家でモトクロスをやるところだが、今は標準のトレーニングプログラムを続けている。ポジティブな心構えを維持しようとしているし、常に体力を向上させようとしている。そしてなるべく健康でいようとしているよ。

――SBKは予定通りにオーストラリアで開幕戦を終えることができました。この2週間で、レースを見直してあの最初の週末を分析する機会はありましたか。冷静にあのレースをどのように評価し、次戦には何を期待していますか?

ハスラム:オーストラリアは僕にとって不満が残るものだった。レース1での僕たちのポテンシャルは非常に良かったからね。いくつか小さいトラブルはあったものの、僕たちは表彰台を争っていて、あと数周というところだった。

 翌日の日曜はある意味災難だった。ラップタイムの面ではポテンシャルがあったのに、スプリントレースの1周目でクラッシュしてしまったんだ。そしてレース2でも再度クラッシュしてしまった。ポジティブな点はラップタイムと、自分たちがどの位置で戦えたかということだ。一方でネガティブな点は、レース1でのトラブルだ。でもこのことから学ぶことができるし、次にレースをする時にはいつでも、そうした問題を修正するための作業ができるよ。

――日本にいるあなたの技術者やエンジニアたちと連絡を取り合っていますか?

ハスラム:大きなプラス面は、僕のチームと、ホンダおよびHRCが注いでいる努力だ。コミュニケーションをとり続けているし、作業が止まることはないよ。彼らには優勝するという目標がある。だから僕はそのことを心配していないんだ。今もメールや電話を受けているし、彼らが情報について考え分析していることを僕は知っている。だからこのチームの一員でいることを幸せに思うし、コースに戻るのを楽しみにしているよ。

――ファンへのメッセージはありますか?

ハスラム:安全でいてほしいし、自分自身や弱い立場にあるかもしれないすべての人々のことを気にかけてほしい。普通の状況にすぐにでも戻り、またサーキットであなたたちを楽しませることができるよう願っている。でもしばらくは自分や愛する人たちの面倒を見てほしい。すぐにまた会おう。