ホンダが「CB-F コンセプト」をホームページで世界初公開!

■ホンダのホームページで見られる「Honda バーチャルモーターサイクルショー」

新型コロナウィルスの影響で中止になった「第36回 大阪モーターサイクルショー2020」と「第47回 東京モーターサイクルショー」。2020年3月27日、ホンダは、両ショーに出展予定だったコンセプトモデルの「CB-F コンセプト」をホームページで世界初公開しました。

ホンダ CB-F コンセプト
ホンダの「CB-F コンセプト」が世界初公開された

2019年にCB誕生60周年を迎え、ホンダは改めてCBシリーズの歴史を振り返り、同社を代表するスポーツバイクであるCBの「守り抜くこと・変革すること」を徹底的に議論したそう。これにより導き出されたひとつが「CB-F コンセプト」としています。

ホンダは「CB-F コンセプト」について、一時代を画した「CB750F」(輸出モデル:CB900F)に敬意を込め、デザインモチーフを踏襲しながら最新の技術で仕上げたチャレンジングなコンセプトモデルと位置づけています。

ホンダ CB-F コンセプト
「CB750F」のデザインモチーフを使い、最新技術を搭載

搭載されるエンジンは、伸びやかな吹け上がりや、力強いトルクを持つ水冷4ストロークDOHC 4バルブの直列4気筒998cc。トランスミッションは6速。フレームは軽量な高張力鋼のモノバックボーンが採用されています。

足まわりには、市街地からワインディングまで路面追従性に優れ、上質な乗り心地を提供する倒立フォークをフロントに、アルミ製の軽量片持ちスイングアームのプロアームをリヤに採用されています。サイズは、全長2120×全幅790×全高1070mm。

この「CB-F コンセプト」をはじめ「第36回 大阪モーターサイクルショー2020」「第47回 東京モーターサイクルショー」で出展予定だった同ブースと、全29台のさまざまなカテゴリーの二輪車は、3月27日(金)から同社ホームページの「Honda バーチャルモーターサイクルショー」として公開されています。

(塚田勝弘)